HOME > 彼女をリードするのが苦手な男性に7つのアドバイス
2016.06.07

彼女をリードするのが苦手な男性に7つのアドバイス

彼女をリードするのが苦手な男性に7つのアドバイス

世間では、カップルは彼氏が彼女をリードするというのが一般的になっており、それが苦手な男性は付き合うのを恐れてしまうことすらあります。 そこで今回は男性読者アンケートを元に、 「彼女をリードするのが苦手な男性に7つのアドバイス」を紹介します。
女性をリードするのが苦手な男性でも素敵な恋ができるよう、役立つアドバイスを挙げて応援します。

目次 1. 肉食女子と付き合う
2. 好き勝手にできるという発想を持つ
3. デートのセンスを磨いておく
4. 年上の女性と付き合う
5. 恋愛経験の浅い女性と付き合う
6. 苦手なことを恥じない
7. お互い未知の場所でデートする

1. 肉食女子と付き合う

肉食女子と付き合う 「肉食系の女と付き合えばいいよ。そういう女は自分が引っ張りたがるからね」(20代男性)など、 肉食女子と付き合うといいという意見が多くありました。 肉食女子は草食男子を好むため、グイグイ引っ張る男性はむしろ好みではないのです。 このため、彼女をリードするのが苦手ならそれを堂々と露呈してしまうことで、肉食女子にとってそれはプラス要因になるのです。 肉食女子は自分がリードしたいと思うほどなので、こうしたタイプの女性と付き合うことで、リードするのが苦手という弱点を補うことができるのです。

2. 好き勝手にできるという発想を持つ

好き勝手にできるという発想を持つ 「発想を変えてみよう!リードするってことは自分の好きにできるってこと!」(10代男性)など、 好き勝手にできるという発想を持つといいという意見が多くありました。 彼女をリードすると重々しく考えるからいけないのです。 ここは発想を変えて、自分の好き勝手に行動できると思ってください。
もちろん自己中な言動はNGですが、そう思うことで男性の負担も軽くなりますよね。
彼女をリードするのが苦手なら、リードするという考え方を置き換えればいいのです。
たったそれだけで苦痛が解消されることもあるのです。

3. デートのセンスを磨いておく

デートのセンスを磨いておく 「ネットや雑誌でおススメのデート先を研究して、自分に自信をつけるといい」(20代男性)など、 デートのセンスを磨いておくといいという意見が多くありました。 彼女をリードすることが必要になるのはデートの時です。 このためデートのセンス自体を磨いておくことで、自分に自信が持てて彼女をリードできるようになります。
デート先に着いた瞬間彼女が喜んでくれれば、それだけで自分に自信が持てますよね。
ちなみにデートのセンスを磨くのは簡単で、ネットや雑誌で人気のデートスポットを情報収集すればいいのです。

4. 年上の女性と付き合う

年上の女性と付き合う 「年上の女と付き合えば、年下のこっちがうまくリードできなくても普通に見える」(20代男性)など、 年上の女性と付き合うといいという意見が多くありました。 年上の女性の場合、彼氏が年下であることをかわいく思います。 つまり年上の女性に対しては、大人ぶって彼女をリードするよりも頼りない年下の男性としての一面を見せた方が、好感を抱いてもらえるのです。 リードできない男性は年下感満載ですし、この場合に関してはリードが苦手なことがむしろ長所になるのです。

5. 恋愛経験の浅い女性と付き合う

恋愛経験の浅い女性と付き合う 「あまり恋愛したことのない女性なら、リードがどうこうこだわらないと思う」(20代男性)など、 恋愛経験の浅い女性と付き合うといいという意見が多くありました。 リードするのが苦手な男性が恐れているのは、リードできる男性と比較されてしまうことです。 そこでおススメなのが、そもそも恋愛経験自体が浅い女性と付き合うことです。 仮にその女性は男性と付き合った経験が一度もなければ、リードが苦手な男性を見てもそれをダメとは思わないですよね。
なぜなら、過去にリードに長けた男性と付き合った経験がないからです。

6. 苦手なことを恥じない

苦手なことを恥じない 「それって絶対にリードしないとダメなの?苦手なものは正直に言えばいい」(20代男性)など、 苦手なことを恥じなければいいという意見が多くありました。 長く付き合うことを考えれば、無理に強がってリードするよりもそれが苦手だと正直に言うのもおススメです。 そうすれば男性が今後この理由で悩むことはないですし、プレッシャーからも解放されるからです。 リードできるかどうかは確かに彼氏を評価する一つのポイントになります。
しかしそれで全て決まるわけではないですし、気楽に考えればいいのです。

7. お互い未知の場所でデートする

お互い未知の場所でデートする 「知らない場所でデートすれば、リードできない姿も自然に見えると思う」(30代男性)など、 お互い未知の場所でデートするといいという意見が多くありました。 お互い知らない場所でデートすれば、二人ともその場所に来たこと自体を楽しむため、リードする機会がなくなります。 男性にとっても知らない場所である以上、リードできるのはむしろ不自然だからです。 リードが必要になるのは行き慣れた場所でのデートのことなので、それを避けることでリードが苦手な男性も堂々とデートすることができるのです。

いかがでしたか?
彼女をリードするのは男性の役割、このイメージを覆すのは不可能です。
このため、それが苦手な男性は少しでもその負担を感じない女性と付き合う工夫が必要になってきます。
この場合、頼りなさが自然に見えるように年上の女性と付き合ったり、逆にリードするのが好きな肉食女子と付き合うなどがおススメです。
今回紹介したことを参考にして、その欠点を欠点と思われないような女性と付き合うことを考えてください。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

男性必見!告白のセリフが思いつかない時の反則技7つ

男性必見!告白のセリフが思いつかない時の反則技7つ

女性に告白する時、告白する勇気を出すことも必要ですが、それ以前にどんなセリフで告白しようかで悩み…… 恋KING 編集
デメリットだらけ?!彼氏と友達に戻ることの欠点6つ

デメリットだらけ?!彼氏と友達に戻ることの欠点6つ

彼氏と別れる時、何気なく「友達に戻ろう」と言ってしまう女性がいます。 女性としてはうまく別れの…… 恋KING 編集
男性必見!婚活サイトを使う時の6つの注意点

男性必見!婚活サイトを使う時の6つの注意点

出会い系というと、エッチ目当ての不純なサイトのイメージがありますが、中には真面目に出会いを探せる…… 恋KING 編集
浮気相手と本気になってしまった6つの理由

浮気相手と本気になってしまった6つの理由

ちょっとした遊びのつもり浮気、それがいつしか本気になってしまい、恋人よりも大切な存在になってしま…… 恋KING 編集
未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ

未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ

初めて彼氏や彼女ができた時は、まだ男女の付き合いに慣れていないため、その未熟さが失敗を招くことが…… 恋KING 編集

HOME > 未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ