HOME > 束縛が浮気防止にならないのは何故か?
公開日: 更新日:

束縛が浮気防止にならないのは何故か?

束縛が浮気防止にならないのは何故か?

恋人の浮気防止として誰もが行うのが束縛です。しかし、束縛をしているにも関わらず浮気をされるケースも多々あり、束縛自体に効果があるのかも疑わしくなってきます。
そこで今回は「束縛が浮気防止にならないのは何故か?」を紹介します。
浮気防止になるはずの束縛が実は無意味である、それを証明する事実がここにあります。

目次
1. 抜け道がある
2. 相手に不満が溜まる
3. 結局は恋人の気持ち次第だから
4. 悪知恵を与えてしまう
5. 逆に浮気しやすくなる
6. 束縛しない異性にアピールされる

1. 抜け道がある

束縛といっても監禁するわけではないですし、言ってみれば恋人の行動を一部制限するだけです。
このため、実際にはいくらでも抜け道があるわけです。また、束縛中に監視しているわけでもないため、結局は相手がウソをついてしまえば、束縛も無意味になってしまうのです。
さらに、束縛する側は相手を縛っているという安心と余裕が生まれるため、そこに油断が生じてしまいます。そうなると、相手が異性と接していることに気づきにくくなるので、浮気を見過ごしてしまうのです。
要するに、いくら束縛でも完全に相手の行動を制限できないため、実際には浮気できる機会はいくらでもあるのです。

2. 相手に不満が溜まる

浮気する側としては、相手に何らかの不満があるからこそ浮気に走るわけです。
そして、束縛の行為自体が不満の要因になるのです。考えてみれば当然のことで、束縛されることで行動が制限されれば、今までできたことができなくなり、ストレスが溜まります。
また、束縛によって友人との付き合いができなくなったり、仕事仲間との付き合いもおろそかになります。こうなってしまうと、束縛による不満が蓄積され、浮気を引き起こしてしまうのです。
つまり、浮気のきっかけは相手に対する不満であり、束縛することで、まさにその不満を発生させてしまうわけです。

3. 結局は恋人の気持ち次第だから

浮気をするかどうか、現実的なことを言ってしまえば、それは相手の気持ち次第です。結局は、相手が浮気をするつもりならしてしまうでしょうし、誠実な人間なら、いくら自由な環境でも浮気はしないでしょう。
このため、浮気をするかどうかの基準は、束縛の有無とは全く関係ないのです。つまり、浮気防止を狙うなら束縛をするかどうかではなく、そもそも浮気をしないような人と付き合うことが大切なのです。
ある程度のルールは必要ですが、それだけで浮気を防止することはできないのです。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

浮気の疑惑

彼女に浮気の疑惑を抱く瞬間7つ

浮気をしている女性は要注意です。絶対にバレていないと思っていても、普段の何気ない行動や変化で男性は…… 恋KING 編集
意外な弱点!合コンの出会いがもたらす6つのリスク

意外な弱点!合コンの出会いがもたらす6つのリスク

出会いの場として一般的なのが合コンです。友達繋がりさえあれば参加できるので、敷居は高くないですし、…… 恋KING 編集
初デート

彼氏と初デートする時の注意事項7つ

大好きな彼氏との初デート!女性にとってはこの上ない楽しみな時間ですが、ただ楽しむだけではいけません…… 恋KING 編集
本性が見えた!この女は猫を被っていると思う瞬間6つ

本性が見えた!この女は猫を被っていると思う瞬間6つ

女性は、相手によっては猫を被って接します。 それに騙される男性が多いものの、同性には通用しません。…… 恋KING 編集
夫婦関係がうまくいかない夫婦が持つ7つの特徴

夫婦関係がうまくいかない夫婦が持つ7つの特徴

夫婦関係がうまくいかない夫婦達を見てみると、どの夫婦にもある共通点があります。 つまり、その共…… 恋KING 編集

HOME > 夫婦関係がうまくいかない夫婦が持つ7つの特徴