HOME > 束縛が浮気防止にならないのは何故か?
2016.03.01

束縛が浮気防止にならないのは何故か?

束縛が浮気防止にならないのは何故か?

恋人の浮気防止として誰もが行うのが束縛です。しかし、束縛をしているにも関わらず浮気をされるケースも多々あり、束縛自体に効果があるのかも疑わしくなってきます。
そこで今回は「束縛が浮気防止にならないのは何故か?」を紹介します。
浮気防止になるはずの束縛が実は無意味である、それを証明する事実がここにあります。

1. 抜け道がある 束縛といっても監禁するわけではないですし、言ってみれば恋人の行動を一部制限するだけです。
このため、実際にはいくらでも抜け道があるわけです。また、束縛中に監視しているわけでもないため、結局は相手がウソをついてしまえば、束縛も無意味になってしまうのです。
さらに、束縛する側は相手を縛っているという安心と余裕が生まれるため、そこに油断が生じてしまいます。そうなると、相手が異性と接していることに気づきにくくなるので、浮気を見過ごしてしまうのです。
要するに、いくら束縛でも完全に相手の行動を制限できないため、実際には浮気できる機会はいくらでもあるのです。

2. 相手に不満が溜まる 浮気する側としては、相手に何らかの不満があるからこそ浮気に走るわけです。
そして、束縛の行為自体が不満の要因になるのです。考えてみれば当然のことで、束縛されることで行動が制限されれば、今までできたことができなくなり、ストレスが溜まります。
また、束縛によって友人との付き合いができなくなったり、仕事仲間との付き合いもおろそかになります。こうなってしまうと、束縛による不満が蓄積され、浮気を引き起こしてしまうのです。
つまり、浮気のきっかけは相手に対する不満であり、束縛することで、まさにその不満を発生させてしまうわけです。

3. 結局は恋人の気持ち次第だから 浮気をするかどうか、現実的なことを言ってしまえば、それは相手の気持ち次第です。結局は、相手が浮気をするつもりならしてしまうでしょうし、誠実な人間なら、いくら自由な環境でも浮気はしないでしょう。
このため、浮気をするかどうかの基準は、束縛の有無とは全く関係ないのです。つまり、浮気防止を狙うなら束縛をするかどうかではなく、そもそも浮気をしないような人と付き合うことが大切なのです。
ある程度のルールは必要ですが、それだけで浮気を防止することはできないのです。

4. 悪知恵を与えてしまう 束縛をすることで、相手の行動を制限できます。しかし、それを証明する術はなく、束縛した側は相手を信じるしかありません。逆に言えば、ウソをつけば束縛を無効化することができるわけです。
最も、恋人にウソをつこうとする人間はいないでしょうが、束縛のルールを設けることで、不自由なのを理由にウソをつこうと考えてしまうのです。
そう考えてみると、束縛は相手に悪知恵を与えることにもなり、むしろ浮気の可能性を高めることになります。特に、厳しい束縛であればあるほど守るのが困難になってきますし、守れなかった時についウソをついてしまうのです。
そして、一度ウソをついて切り抜けに成功すると、次回も同じ方法で切り抜けることを考えるようなってしまうのです。

5. 逆に浮気しやすくなる 信じられないかもしれませんが、束縛されることによって、逆に浮気しやすくなるのです。一つ例を挙げてみます。“平日の夜10時には電話するから絶対に出る”という約束を決めたとします。
これを相手の視点で考え、さらに表現を言い換えると、“平日は夜10時までは電話がかかってこない”とも言えます。つまり、ルールを設けることで、逆に絶対安全な時間帯が生まれてしまうわけです。
浮気の天敵は不意の連絡です。しかし、束縛をすることで全てにおいてルールが誕生するため、そういった不意の連絡の機会がなくなるのです。
まとめると、束縛をすることで、確かに絶対に浮気できないタイミングを作ることができます。しかし、絶対に浮気がバレないタイミングも同時に生まれてしまうのです。

6. 束縛しない異性にアピールされる 束縛を嫌う人が多いため、あなたが恋人を束縛することで、思わぬライバルが登場する可能性があります。例えば、あなたが女性だとして彼氏を束縛したとします。
そして、彼氏が束縛を不自由に感じていることは周囲の誰が見ても分かります。そうなると、今の状況を利用して彼氏に近づく女性が現れることがあるのです。本来なら、そんな女性のアタックに彼氏は耳を貸さないでしょう。
しかし、その女性が“私なら束縛しない”と言ったらどうでしょうか?もしかすると“束縛をしない”の一言に惹かれて、その女性を受け入れてしまうかもしれません。
つまり、恋人を束縛することで、束縛をしない異性という強力なライバルの出現を招いてしまうのです。

いかがでしたか?
束縛で得られる効果は若干の行動制限ですし、ウソという単純な方法で束縛を無視することもできます。
つまり、相手がその気になれば、束縛の効果は全く期待できないわけです。
そう考えると、“束縛=完全な浮気防止”とは言えず、むしろ浮気されるリスクを高めてしまうこともあり得るのです。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

体目当て

身体目当てなのかと彼氏を疑ってしまう出来事6つ

男性の中には身体目当てで女性と付き合う男性もいます。それに対して、彼氏がいる女性は、自分の彼氏は…… 恋KING 編集
不満

ここだけの話!彼女が抱く彼氏へのささいな不満7つ

交際が続いているからといって、彼氏は安心してはいけません。彼女の多くが彼氏に対してささいな不満を…… 恋KING 編集
プロポーズ

同棲を続けている彼氏が結婚を考えてくれた6つのきっかけ

同棲は楽しいですが、それがあまりにも長く続くと、彼の結婚への意識がどれくらいあるのか、女性なら気…… 恋KING 編集
忘れられない想い!初恋の人と再会できる6つの方法

忘れられない想い!初恋の人と再会できる6つの方法

恋というのは大人になってからは叶うものの、子供の頃に抱いた恋心はまず実りません。 要するに、初…… 恋KING 編集
学生カップルと社会人カップルの相違点6つ

学生カップルと社会人カップルの相違点6つ

学生から社会人になると、日常生活が大きく変わります。 ちなみに、恋人との付き合い方においても同…… 恋KING 編集

HOME > 学生カップルと社会人カップルの相違点6つ