HOME > 正直だけどそれはダメ!彼氏に言ってはならない6つの話題
2015.07.13

正直だけどそれはダメ!彼氏に言ってはならない6つの話題

正直だけどそれはダメ

ウソや隠し事なしで付き合うのは、理想の恋人の姿とも言えますが、何から何まで正直というのも問題です。 例えば彼女がある事を正直に彼氏に告げた時、彼氏の感想としては“正直に言ってくれてありがとう”ではなく、“聞かなければよかった”となってしまう事もあるのです。
そこで今回は女性読者アンケートを元に、
「正直だけどそれはダメ!彼氏に言ってはならない6つの話題」を紹介します。
内容によっては、思い出の一つとして封印すべき真実もあるのです。

1. 犯罪歴自慢 「武勇伝とかドン引きの対象になるから、言う意味が全くない」(10代女性)など、
犯罪例自慢は言ってはダメという意見が多くありました。若い年齢の男女にありがちですが、なぜか過去の犯罪歴を自慢げに話す人がいます。しかし、従来こうした話題は禁句であり、少なくとも彼氏に良く思われる可能性はゼロでしょう。例えば、過去に過ちを犯したとして、更生の意味で真剣に話しを聞いてもらいたいのなら別ですが、ネタの一つとしてそれを語るのは、マイナスイメージどころか嫌われてしまう可能性もあります。

2. 元カレの話題 「言ってはいけない話題ナンバーワンは、やっぱり元カレの話題だと思う」(20代女性)など、
元カレの話題は言ってはダメという意見が多くありました。例え彼氏に元カレについて聞かれたとしても、楽しかった思い出をあれこれと言うのはNGです。彼氏に余計な嫉妬を抱かせてしまいますし、そもそもいい思い出も悪い思い出も、彼氏に話す意味がありません。元カレトークは場によっては盛り上がるのは確かですが、それをしたければ彼氏の前ではなく、自身の友人の前でするべきでしょう。

3. 浮気経験の話 「浮気した事がある子は、それを言っちゃだめだよ。またするだろうって思われるから」(20代女性)など、
浮気経験の話は言ってはダメという意見が多くありました。人間である以上間違いを犯しますし、それを反省して同じ過ちを二度と犯さないのは一つの成長と言えます。しかし、二度と過ちを犯さないと言っても、それを信用してもらえないケースがあり、その代表的なものが浮気です。“一度浮気をした人間は絶対にまたやる”、浮気をする女性に対してはそうイメージしている男性がほとんどです。このため、浮気経験を彼氏に話してしまうと、いくら過去の事で、心から反省していたとしても、信じてもらえない可能性が高いのです。

4. 彼氏の友人の悪口 「人の愚痴や悪口を言うことはあっても、彼氏の友達の悪口は言ってはダメ」(30代女性)など、
彼氏の友人の悪口は言ってはダメという意見が多くありました。もちろん、何かをされた場合の報告の意味で言うのは問題ないですし、仮にそんな事があったとすれば、それはむしろ言うべきです。しかし、批判の類のような悪口を言うのはNGです。彼氏としては大切な友人なわけですし、その友人の悪口を直接聞かされるのは、気分のいいものではないですよね。彼氏は彼女の味方でもあると同時に、その友人の味方でもあるのです。このため、仮に愚痴りたい事があるのだとしたら、それを彼氏に愚痴るのは相手が間違っています。

5. 彼氏の年収の話題 「彼氏の年収をネタにするのは失礼だよね。一生懸命働いているんだし」(20代女性)など、
彼氏の年収の話題は言ってはダメという意見が多くありました。女性も同じかもしれないですが、男性にとって年収は、社会人としてのステータスです。そして、年収が少ない男性もその事は自覚しています。仮に彼氏の年収が少ない場合、それをネタにするのは失礼ですし、文句を言うにしても、それを彼氏に言って解決できるわけではないので、言う意味自体がないのです。働かない彼氏を戒める上で言うなら別ですが、一生懸命仕事をしている彼氏に対しては、年収の話題をするのはNGです。

6. 特殊なプレイをしたエッチの体験談 「エッチの経験話もダメだし、変わったエッチの体験談とか絶対ダメ」(20代女性)など、
特殊なプレイをしたエッチの体験談は言ってはダメという意見が多くありました。男性は想像力が豊かですし、エロの要素が加わった時、その能力は倍増します。彼女がエッチの体験談を話し、さらに特殊なプレイの経験まで白状すれば、彼氏はその時の様子を具体的に思い描きます。その時抱くのは興奮ではなく、他の男性とエッチしている彼女への嫉妬です。彼女が過去に付き合った経験があれば、それだけでエッチの経験の有無は分かりますし、敢えて口にして話す事でもないのです。

どれも彼氏を直接批判するような話題ではないですが、これらの話題は彼氏を怒らせたり、傷つけたりしてしまいます。隠し事は一切なしにして正直に全て話すのは、確かに立派な事ですが、彼氏に対してそれを実践したければ、そこに“現在”という条件を付け加えるといいでしょう。つまり、“過去”に関しては例外とすべきで、正直に話しすぎる事で、逆にマイナスイメージを抱かれる要因になり得るからです。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

冷めた?飽きた?彼女を愛していない彼氏の言動6つ

冷めた?飽きた?彼女を愛していない彼氏の言動6つ

何となく彼氏の愛情を感じない、そう不安を抱く彼女もいるでしょう。そんなことはないと言いたいところ…… 恋KING 編集
彼女を欲しがらない

彼女を欲しがらない男性を落とすテクニック7つ

俺は今彼女はいらない、そんな決意を持っている男性を好きになった女性は、難易度の高い恋愛をしてしま…… 恋KING 編集
夫の本音暴露!妻への不満6つ

夫の本音暴露!妻への不満6つ

夢の結婚生活、付き合っている時は男性なら誰もがそれに憧れるものですが、実際に結婚した男性に意見を…… 恋KING 編集
可愛い

男性が女性をカワイイと感じる瞬間6つ

男性が女性をかわいいと感じるのは、顔が理由とは限りません。時には女性が見せるさりげない仕草や行動…… 恋KING 編集
一体なぜ?男友達を作らない女性の心理6つ

一体なぜ?男友達を作らない女性の心理6つ

男友達がいない女性を見ると、男性はその女性がモテないのだと想像しまう。 しかしそうとは限らず、…… 恋KING 編集

HOME > 一体なぜ?男友達を作らない女性の心理6つ