HOME > 未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ
2016.06.23

未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ

未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ

初めて彼氏や彼女ができた時は、まだ男女の付き合いに慣れていないため、その未熟さが失敗を招くことがあります。 そんな未熟さが招く失敗例の数々を集めてみました。 そこで今回は男女の読者アンケートを元に、 「未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ」を紹介します。
初めて恋人ができた人はぜひ参考に、付き合いに慣れた人は懐かしむ意味で楽しんでくださいね。

目次 1. 連絡しすぎる
2. 束縛しすぎる
3. 周囲の意見に左右される
4. ステータス目的で付き合う
5. ささいなことで別れてしまう
6. 門限を破って怒られる

1. 連絡しすぎる

連絡しすぎる 「初めて彼氏ができた時、めちゃめちゃ電話して彼氏に怒られた。すぐ終わっちゃったなぁ」(20代女性)など、 連絡しすぎる失敗をしたという意見が多くありました。 恋人の声を聞きたいために電話をして、その時出なかったらまたすぐ電話をしてしまう、そうすることで恋人のスマホには無数の着信履歴が残ってしまいます。
そして着歴を見た恋人はドン引きしまう、これは誰にでもありがちな失敗ですよね。
また、単に電話が多すぎるということで文句を言われた人もいるでしょう。
男女の付き合いに慣れれば、恋人がいる自分に余裕が生まれますが、そうではなく慣れていない頃は、恋人のことが気になりすぎてこの失敗を招くものなのです。

2. 束縛しすぎる

束縛しすぎる 「初めての彼女の時、その子に男友達が多かったので束縛しすぎてフラれました」(20代男性)など、 束縛しすぎる失敗をしたという意見が多くありました。 束縛をする心理は、恋人のことが心配だからです。 このため、束縛自体はどのカップルにも存在します。
しかし、度が過ぎる束縛は窮屈になりますし、まるで浮気を疑われているようで嫌な気分になりますよね。
普通に考えればそんなことは分かるのですが、初めての恋人に対しては、どうしても不安な気持ちが大きくなって酷い束縛をしてしまうのです。
もちろん束縛される方は不自由になるため、それが原因で別れに至ってしまうのが大抵のパターンです。

3. 周囲の意見に左右される

周囲の意見に左右される 「高校の頃、初めて彼氏ができたけど、周りの意見に影響されすぎて失敗しちゃいました」(20代女性)など、 周囲の意見に左右される失敗をしたという意見が多くありました。 学生時代は、誰でも彼氏や彼女の話で盛り上がりますよね。
ただ盛り上がるだけならいいですが、彼氏や彼女の行動に対し、誰もがそれを批判したりしてしまうと、その意見に影響を受けすぎて失敗することがあります。
例えば、あなたの彼氏の行動に対して、周囲が“その彼氏はあなたを愛していない”と意見することで、あなたもそれに流されて彼氏と別れてしまうわけです。
初めて恋人ができると周囲に相談する機会も多いため、こうした事態を招くことがあるのです。

4. ステータス目的で付き合う

ステータス目的で付き合う 「正直、彼氏が欲しいっていうステータスだけで付き合っちゃいました」(10代女性)など、 ステータス目的で付き合う失敗をしたという意見が多くありました。 本来なら、相手のことが好きになったら付き合おうと考えますが、恋人ができたことがない人は、単に恋人が欲しいという目的で付き合ってしまいがちです。
そうなると、そこまで愛情がなくても付き合ってしまうことになり、当然短期間で別れることになってしまうのです。
男性は彼女が欲しくて簡単に付き合い、女性は処女を終えたくて簡単に付き合ってしまうのです。
まだ恋人ができたことのない時代には、誰でもやってしまいがちな失敗例です。

5. ささいなことで別れてしまう

ささいなことで別れてしまう 「初めて彼女ができた時、今思えば何でもないことでケンカして別れてしまった」(20代男性)など、 ささいなことで別れてしまう失敗をしたという意見が多くありました。 正直言って、初めての恋人に関しては一回ケンカしてしまえば終わりです。 例えば夫婦の場合、長年の夫婦生活ではケンカする機会もありますし、そんな時は何らかの方法や言葉で仲直りします。 しかし、初めて付き合った時には仲直りするのが難しいですし、そもそも何でもない理由で大ゲンカしてしまうものです。
勘違いや誤解でさえ別れに至ることもあり、どうしても素直になれないことで別れてしまうのです。

6. 門限を破って怒られる

門限を破って怒られる 「絶対みんなやると思うのは、女の子が門限破って怒られること!」(30代女性)など、 門限を破って怒られる失敗をしたという意見が多くありました。 回答した女性が言うように、確かに女性なら一度はやってしまう失敗ではないでしょうか。
ついついデートが盛り上がったり、彼氏にもうちょっと一緒にいたいなどと言われると、女性としては門限をおろそかにしてしまうものなのです。
あまりに酷いと外出禁止になることもあり、やってしまいがちな失敗例なものの、できれば避けたい事態ですよね。

いかがでしたか?
もう何人も付き合った人にとっては、懐かしくて苦い思い出がよみがえったのではないでしょうか。
どれも初めて恋人ができた時には、思わずやってしまう失敗ばかりですね。
正直言って、これらの失敗は誰もが経験することですし、防ぐことは難しいです。
しかし、こうした失敗を繰り返すことで成長し、恋愛のテクニックにも長けてくるのです。“こういうこともあるんだな”と、軽い気持ちで楽しく読んでくださいね。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

シャイな男必見!「好きだよ」と言いやすいタイミング6つ

シャイな男必見!「好きだよ」と言いやすいタイミング6つ

彼女のことが好きなのは彼氏として当然ですが、それを口にするのは恥ずかしいですよね。 しかし、女…… 恋KING 編集
彼氏の浮気を防げる【さりげない】6つの方法

彼氏の浮気を防げる【さりげない】6つの方法

「男は浮気する生き物」と表現することがあるように、男性の浮気は女性が抱える永遠の悩みです。 放…… 恋KING 編集
かわいいのになぜかモテない女性…考えられる6つの理由

かわいいのになぜかモテない女性…考えられる6つの理由

かわいい女性はモテる…実は必ずしもそうとは限りません。 と言うのも、自他共に認めるかわいさであ…… 恋KING 編集
キスしてほしいと彼女が感じるタイミング6つ

キスしてほしいと彼女が感じるタイミング6つ

どんな彼氏でも一度は悩むのが、彼女にキスをするタイミングです。 甘いキスもムードや状況によって…… 恋KING 編集
将来、お金を稼ぐ男を見抜くための7つのポイント

将来、お金を稼ぐ男を見抜くための7つのポイント

どうせ結婚するなら、女性はお金持ちの男性と結婚したいですよね。 しかし、その男性が将来お金持ち…… 恋KING 編集

HOME > 将来、お金を稼ぐ男を見抜くための7つのポイント