あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  女性はここを見る!不潔に見えてしまう男性の特徴6つ

女性はここを見る!不潔に見えてしまう男性の特徴6つ

女性はここを見る!不潔に見えてしまう男性の特徴

女性が嫌う男性のタイプとして一般的なのは、ブサイク、太っているなどが挙げられます。しかしこれらはワーストクラスではあるものの、決してトップではありません。最も女性が嫌うのは不潔な男性あり、男性としては、女性に“不潔”と思われてしまうと致命的になるのです。
そこで今回は女性読者アンケートを元に、
「女性はここを見る!不潔に見えてしまう男性の特徴6つ」を紹介します。
例え清潔していたとしても、女性はイメージで男性を判断してしまうため、今回紹介する特徴には要注意です。

1. 爪にアカが溜まっている 「爪にアカが溜まっているとすごく目立つし、汚らしい」(30代女性)など、
爪にアカが溜まっていると不潔そうという意見が多くありました。爪が長い場合、意識して洗わなければ、爪にはアカが溜まってしまいます。また、爪が長い男性は嫌われますし、その意味でも、爪を短くしておくのが一番効果的です。また、仕事上どうしても汚れが爪に溜まってしまうこともあります。清潔さと聞くと、髪型や服装にこだわりがちですが、こうした細かい点に配慮することも、女性受けを狙う上で大切です。

2. 鼻をかまない 「鼻をすすってばかりで全然かまない人っていますよね。あれが嫌です」(10代女性)など、
鼻をかまないと不潔そうという意見が多くありました。実際にポケットティッシュを常備している男性は意外と少ないでしょうし、その意味では、男性にとって要注意の意見です。いくらオシャレやファッションや持ち物に身を包んでいても、ポケットティッシュを忘れてはいけません。手を洗った後にハンカチで拭くか、くしゃみが出た時にティッシュを持っているか、そんなエチケットに関わる部分を、女性はしっかりと見ているのです。

3. 髪がボサボサ 「髪がボサボサの人って、何かだらしない感じがするし、汚らしいイメージがする」(20代女性)など、
髪がボサボサだと不潔そうという意見が多くありました。ボサボサという表現から察すると、ロン毛の男性はこれに該当しそうな感じがしますよね。好き嫌いがあると思いますが、女性に不潔だと思われないためには、手グシではなく、しっかりと髪型を整え、ワックスなどを使用する必要があります。これが面倒だという男性は、思い切って短い髪にイメチェンするのも効果的です。短めの髪ならさわやかさを演出できますし、多少髪型が手抜きになったとしても、清潔な印象を与えることができるからです。

4. 太っている 「太っている男性は不潔な感じがする。何か暗そうだし、私には無理ですね」(20代女性)など、
太っていると不潔そうという意見が多くありました。一見差別に思える意見かもしれませんが、実際には太っている男性が良く思われないのは、社会においても起こり得る問題なのです。例えば就職の面接においては、「太っている=自己管理ができていない」と思われることがありますし、何より自身の健康にもよくありません。このため、太っていることに自覚がある男性は、この機にダイエットするものいいですね。イメージの力は強力ですし、その意味では太っている男性のイメージは良くないのが現実なのです。

5. 靴下を履かない 「素足に靴って・・・それは不潔でしょ(笑)その足に近づくのが怖い」(30代女性)など、
靴下を履かないと不潔そうという意見が多くありました。これは衛生上、当然の意見でもあります。もちろんビーチサンダルなど、ファッション上、靴下が不要な靴類も存在します。しかし、スニーカーなど、足が覆われる靴を履く際には、むれないためにも靴下を履くのが当然ですよね。男性としては、ついうっかりであったり、近くのコンビニに行くだけだからなど、軽い気持ちで靴下を履かないだけでしょう。しかし、それらの行為は確実に女性から見て減点対象になってしまうのです。

6. 食べ方が汚い 「不潔な人?それはやっぱり食べ方が汚い人かなぁ」(10代女性)など、
食べ方が汚いと不潔そうという意見が多くありました。これはマナーにおいても重要な意見です。仮に不潔そうに思われなくても、マナーができていないと思われてしまうのは確実です。特にお目当ての女性とは、二人きりで食事に行くケースも多いでしょうし、そんな時にこうした一面を見せてしまっては台無しです。もしこれに関して意識したことがなければ、一度食事を終えた後に自身の皿を見直してみてください。

実際にその男性が不潔かどうか、これらの意見だけではそれは分かりません。どれもあくまでイメージに過ぎないと言うのが事実であり、確信があるわけでもありません。しかし、イメージの力は強力なのです。一度不潔を思われてしまっては、挽回する機会を作るのも難しいですよね。男性にとっては、モテる要因を研究するのも大切ですが、こうしたマイナス要因を研究することも大切です。思わぬところで自身に該当してしまうマイナス要因が見つかることもあるのです。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

絶対に嫌なつきあい方

女性に聞く!絶対イヤな付き合い方の例7つ

恋KING 編集
仕事

働かない彼氏を働く気持ちにさせる5つの言葉

恋KING 編集
新米カップルでもお泊りデート

新米カップルでもお泊りデートできる方法7つ

恋KING 編集
恋愛において男と女で考え方

恋愛において男と女で考え方が違う事6つ

恋KING 編集
愛に興味なし!恋愛をめんどくさいと感じる6つの理由

愛に興味なし!恋愛をめんどくさいと感じる6つの理由

恋KING 編集