HOME > わざと彼女に嫌われたい時に使える言動7つ
公開日: 更新日:

わざと彼女に嫌われたい時に使える言動7つ

shutterstock_356465543

彼女と別れようと思った時、それを正直に告げられない男性がいます。 そういう男性は、意図的に彼女に嫌われようとして、わざと彼女にフラれようと狙います。 そこで今回は男性読者アンケートを元に、 「わざと彼女に嫌われたい時に使える言動7つ」を紹介します。
彼女と別れたい、でも別れると言いだせない状況なら、こうしてわざと嫌われてしまえばいいのです。

目次 1. 「どっちでもいい」と言う
2. デートを面倒くさがる
3. 連絡の頻度を減らす
4. 元カノの話題をする
5. 友達付き合いを優先させる
6. 部屋に来るのを拒む
7. エッチもキスもしない

1. 「どっちでもいい」と言う

「どっちでもいい」と言う 「どっちでもいいって言葉は、女は嫌がる。投げやりな感じだし、絶対ケンカになる」(20代男性)など、 「どっちでもいい」と言えば嫌われるという意見が多くありました。 女性が何かを提案した時、最も腹の立つ男性の回答は興味のない反応を示した時です。“どっちでもいい”や“別に”など、こうした投げやりな回答をする男性に対しては、明らかに不満を抱きます。 そんな女性心理を利用するのがこの方法です。
こういった反応を繰り返すことで、意図的に彼女に嫌われることができるのです。

2. デートを面倒くさがる

デートを面倒くさがる 「デートを嫌がれば、もうそれだけで嫌われると思う。付き合っている意味がないですし」(20代男性)など、 デートを面倒くさがると嫌われるという意見が多くありました。 デートというのは、相手のことが好きだからこそ楽しめるものです。 言い換えれば、デートをしたくないというのは、相手のことを好きじゃないことになります。 このため、デートを面倒くさがっておけば、彼女は自分を愛していないと考えますし、だったら別れてしまおうと考えます。
愛してくれない彼氏なら、恋人同士でいる意味がないからです。

3. 連絡の頻度を減らす

連絡の頻度を減らす 「連絡の頻度を減らすのは、別れたい時に最も効果的な方法だって聞きました」(10代男性)など、 連絡の頻度を減らせば嫌われるという意見が多くありました。 この方法のコツは、単に連絡の頻度を減らすのではなく、徐々に減らしていくことです。 いきなり連絡をしなくなれば、彼女は不満を抱く以前に、彼氏が体調でも壊したかと心配するでしょう。 嫌われるためには、“連絡するのが面倒に感じている”と思わせることが重要で、そのためには徐々に連絡の頻度を減らしていくのがコツなのです。

4. 元カノの話題をする

元カノの話題をする 「彼女に嫌われたいなら、彼女が嫌がることをするといいですよね。元カノの話題とか」(30代男性)など、 元カノの話題をすると嫌われるという意見が多くありました。 回答した男性が言うように、彼女に嫌われたいなら彼女が嫌がることをすればいいだけです。 そして、付き合っている彼女が最も嫌うことと言えば、彼氏が元カノの話題をすることです。 元カノとの思い出を無神経に語る彼氏、そんな彼氏と一緒にいたら、どんな女性でも腹が立ちますよね。
つまり、こうすることでわざと嫌われることができるのです。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

シャイな男必見!「好きだよ」と言いやすいタイミング6つ

シャイな男必見!「好きだよ」と言いやすいタイミング6つ

彼女のことが好きなのは彼氏として当然ですが、それを口にするのは恥ずかしいですよね。 しかし、女…… 恋KING 編集
キスしてほしいと彼女が感じるタイミング6つ

キスしてほしいと彼女が感じるタイミング6つ

どんな彼氏でも一度は悩むのが、彼女にキスをするタイミングです。 甘いキスもムードや状況によって…… 恋KING 編集
警告!仕事で忙しい彼氏と付き合う時の注意点6つ

警告!仕事で忙しい彼氏と付き合う時の注意点6つ

仕事で忙しい彼氏と付き合うと女性は苦労します。 なかなか会えないですし、その理由が仕事である以…… 恋KING 編集
新婚旅行でやってしまった6つの失敗

新婚旅行でやってしまった6つの失敗

楽しいはずの新婚旅行も、何かで失敗してしまうことで楽しい思い出が一変してしまいます。 最も、そ…… 恋KING 編集
愛に興味なし!恋愛をめんどくさいと感じる6つの理由

愛に興味なし!恋愛をめんどくさいと感じる6つの理由

人間必ずしも恋愛をすると決まっているわけではありません。中には恋愛を面倒に感じ、興味を持たない人…… 恋KING 編集

HOME > 愛に興味なし!恋愛をめんどくさいと感じる6つの理由