HOME > 好きな男性の前でだけ見せる女性の仕草7つ
公開日: 更新日:

好きな男性の前でだけ見せる女性の仕草7つ

好きな男性の前でだけ見せる女性の仕草7つ

女性は好きな男性に対しては、特別な態度や仕草を見せるものです。例え告白をしていなくても、心に秘めた想いは隠すことができません。
そこで今回は女性読者アンケートを元に「好きな男性の前でだけ見せる女性の仕草7つ」を紹介します。
男性のみなさん、あなたに好きな女性がいたら、ただアタックするだけでなく、その女性の仕草に注目してみてください。そこで見える仕草によっては、実は女性もあなたのことを好きなのかもしれません。

目次
1. 身体を密着させる
2. 常に笑顔
3. 男性のプライベートに興味を持つ
4. 二人で会うことを望む
5. 過去の恋愛経験を聞く
6. スマホをいじらない
7. 見つめる

1. 身体を密着させる

「好きな人にはくっついちゃう!でもこれって私だけじゃないと思う」(10代女性)など、
好きな男性に対しては、身体を密着させるという意見が多くありました。人ゴミで窮屈なわけでもないのに身体を密着させるのであれば、明らかに意図的な密着です。こうした仕草を見せる女性は、その男性のことを好きなのです。中には、密着させることで男性をエッチな気分にさせ、わざとエッチをして、彼氏にしてしまう方法をとる超肉食系の女性もいます。

2. 常に笑顔

「好きな人の前ではどうしても笑顔になるし、私の気持ちはバレていると思います」(20代女性)など、
好きな男性に対しては、常に笑顔という意見が多くありました。これは全ての女性に表れる仕草なので、男性も分かりやすいですよね。好きな男性と一緒にいればそれだけで楽しいですし、その感情が笑顔になって表れるわけです。ここで重要なのは、笑うと笑顔の違いです。単に会話が面白くて笑うのは、ここで言う笑顔とは全くの別物です。好きな男性に見せる笑顔とは、何をするわけでもないのに笑顔でいること、つまり、何もしていなくても笑顔を見せている女性の仕草こそ、想いの象徴ということになるのです。

3. 男性のプライベートに興味を持つ

「好きな男性だけに見せる仕草?仕草とは違うけど、プライベートのことを知りたくなる」(30代女性)など、
好きな男性に対しては、男性のプライベートに興味を持つという意見が多くありました。女性は、好きな男性のことは何でも知りたくなりますし、他の女性が知らないことほど、深く知りたくなるものです。その対象になりがちなのが、プライベートに関することです。休日の過ごし方、住んでいる場所、趣味など、ただの女友達には明かさない一面を知ることで、距離が近くなったと女性は実感するのです。

4. 二人で会うことを望む

「やっぱり好きな人とは二人で遊びたいので、会う時は毎回二人を希望しています」(20代女性)など、
好きな男性に対しては、二人で会うことを望むという意見が多くありました。これは女性と男性が友人関係の際に起こり得ることです。女性は好きな男性と遊びたいと思うものですが、その状況が複数であれば、男性と接する機会が減ってしまうので、あまり嬉しくは感じません。求めているのは二人きりで遊ぶことです。特に、カラオケやボーリングなど、明らかに複数の方が楽しい遊びに対して、敢えて二人で行くことを女性が希望した場合は、その男性のことが好きな可能性は高いでしょう。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

あの女は手ごわい!男性が誘いにくい女性の特徴7つ

あの女は手ごわい!男性が誘いにくい女性の特徴7つ

本来男性は狙った女性を積極的に誘うものですが、例外のパターンもあります。敢えて誘わない、正確には誘…… 恋KING 編集
嫌われた

彼氏に嫌われたかもしれないと感じる6つの瞬間

彼氏の前で思わぬ失態!彼氏の事が大好きなのに、ふとした事がきっかけで嫌われてしまった、そんな悲しい…… 恋KING 編集
嬉しい

彼氏に言われると嬉しい、彼女の好きな点7つ

彼女と交際している男性は、元々彼女が持つ何らかの魅力にひかれて好きになり、付き合う事になったわけで…… 恋KING 編集
絶対言っちゃダメ!彼女が不機嫌になる彼氏のセリフ6つ

絶対言っちゃダメ!彼女が不機嫌になる彼氏のセリフ6つ

女性は言葉に敏感なので、彼氏のささいな一言で不機嫌になることがあります。もちろん彼氏としては悪気は…… 恋KING 編集
いや、見ないで!彼氏に見られたくない場面ベスト6

いや、見ないで!彼氏に見られたくない場面ベスト6

彼氏には絶対見られたくない、女性の日常にはそんな場面が潜んでいます。男性にとっては無関係の話題に思…… 恋KING 編集

HOME > いや、見ないで!彼氏に見られたくない場面ベスト6