HOME > 彼女を不安にさせる彼氏の特徴6つ
2015.06.07

彼女を不安にさせる彼氏の特徴6つ

彼女を不安にさせる彼氏

浮気をしているわけではないのに、なぜか彼女の不安な気持ちが消えない、そんな彼女に悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。そんな時には決して女性を責めてはいけません。なぜなら女性は疑っているわけではなく、不安を感じているだけなのです。そして、そんな不安を感じるからにはもちろん理由もあるわけです。
そこで今回は女性読者アンケートを元に「彼女を不安にさせる彼氏の特徴6つ」を紹介します。
男性のささいな日常から女性は不安を抱きますが、それは一体男性のどんな一面が原因なのでしょうか。

1. 女友達と二人で遊ぶ 「いくら浮気していなくても、二人きりで遊ぶのは不安になりますね」(20代女性)など、
女友達と二人で遊ぶ彼氏には、不安を抱くという意見が多くありました。女性によっては彼氏が女友達と二人で遊ぶのをNGにしている事も多いですよね。男性からすれば信じてほしいと思うかもしれませんが、そもそも女性は男性を疑っているわけではありません。大好きな彼氏が他の女性と二人で遊んでいる事自体が純粋に嫌ですし、いくら男性が浮気をするつもりがなくても、女友達の方からアピールしてくる可能性があります。そう考えると、女友達と二人で遊ぶ彼氏に対しては、どうしても不安を抱いてしまうのです。

2. 帰りが遅い 「仕事やら飲み会やらで帰りが遅い彼氏だと、ちょっと心配しちゃうかな?」(30代女性)など、
帰りが遅い彼氏には、不安を抱くという意見が多くありました。男性からすれば仕方のない事ですが、女性はこうした男性に対してはどうしても不安を抱いてしまいます。もちろん男性が悪いわけでもなければ、女性が悪いわけでもありません。これを解決するにはお互いの気持ちを知る事が大切です。男性は女性が不安になるのを愛情の証をうけとり、女性は男性の行動を仕事のためだと応援するのです。こうやってお互いが思いやる事で、それがきっかけで生まれる余計な衝突を防ぐ事もできるのです。

3. 連絡は全てメールで済ます 「メールしかしない人って、なんか謎ってミステリアスな部分を感じる」(20代女性)など、
連絡は全てメールで済ます彼氏には、不安を抱くという意見が多くありました。電話と違い、メールの場合は文字のやりとりで済ませられるため、男性がどこで何をしていようと連絡が可能です。極端な話、他の女性と裸でベッドに横になりながらでもメールならできるわけで、そんなメールの特性を考えた結果、女性は不安になってしまうのです。一方男性としても、電話を嫌ってメールで済ますクセを自覚しているなら、なぜ電話はダメなのかを彼女にきちんと説明しておいた方がいいでしょう。

4. 女友達から名前で呼ばれる 「女友達から下の名前で呼ばれていると、おいおいって思っちゃう(笑)」(10代女性)など、
女友達から名前で呼ばれる彼氏には、不安を抱くという意見が多くありました。男性の名前を呼ぶ時、下の名前で呼ぶのは彼女の特権だと思っている女性も多いのではないでしょうか。しかし、名前によっては名字よりも呼びやすく、そのため女友達であったとしても、その男性の事を名前で呼ぶ事があります。分かりやすい例だと、名字が長くて名前が短い場合がそれにあたります。“名前で呼ぶ=親しい関係”というイメージがあるため、こうした呼ばれ方をする男性に対しては、彼女はどうしても不安になってしまいがちなのです。

5. モテる 「モテる彼氏と付き合っていると不安になる。モテない彼氏の方が安心はできます」(20代女性)など、
モテる彼氏には不安を抱くという意見が多くありました。モテる男性と付き合った場合、女性としては誇らしさもあれば、同時に不安もありますよね。“自分よりもかわいい女性が告白してきたらどうなるだろう?”、“スタイルのいい女性が誘惑してきたらどうなるだろう?”など、彼女の立場としては、常にこうした不安を抱いてしまいがちです。しかし男性の視点で意見を言うと、元々モテる男性は女性の扱いに慣れているため、軽率な浮気をしないと言いきれます。むしろモテない男性がある日突然他の女性に告白された状況の方が、不安度は高くなるのではないでしょうか。

6. 会う機会が少ない 「会う機会が少ないと、どうしても不安になっちゃいます」(10代女性)など、
会う機会が少ない彼氏には、不安を抱くという意見が多くありました。女性は彼氏と一緒にいない時、今頃何をしているのだろうと考える時があります。仕事が忙しい場合は不安までは抱かないでしょうが、距離が遠かったり、元々頻繁に会わないスタイルの男性に対しては、どうしても浮気を連想させるような場面を想像してしまう女性が多いのです。このため、会う回数の少ないカップルの場合、男性は彼女に対して、寂しくならないような何らかの工夫を考えてあげるといいですね。

いかがでしたか?どんな特徴の男性においても、男性を責める事はできないですし、女性を責める事もできません。男性は少しでも女性がこうした不安を抱かないように、改善できる部分はした方がいいですし、女性もまた少しでも男性の行動を理解してあげるといいでしょう。不安なだけならいいのですが、これが疑いに発展すると、関係が悪くなる事もあるので、今回のテーマは甘く見ていてはいけない問題でもあります。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

仕事

働かない彼氏を働く気持ちにさせる5つの言葉

自慢の彼氏の条件として、優しくて格好よければそれでいいというのは、学生までの考えです。 年齢が…… 恋KING 編集
彼氏の浮気を防げる【さりげない】6つの方法

彼氏の浮気を防げる【さりげない】6つの方法

「男は浮気する生き物」と表現することがあるように、男性の浮気は女性が抱える永遠の悩みです。 放…… 恋KING 編集
恋のライバル

彼は私のもの!恋のライバルに差をつける6つの方法

女性の恋愛がスムーズに進む事は珍しく、大抵は好きな男性ができても、付き合うまでには何らかの障害が…… 恋KING 編集
告白

友達のままがいい!男友達からの告白を回避する方法7つ

知人から友人へ、友人から恋人へと、男女の関係は友好度に比例して進行していきます。しかし、相手によ…… 恋KING 編集
発覚した欠点

男友達が彼氏になった事で発覚した欠点7つ

男友達が恋人に発展するケースってよくありますよね。友達から恋人に発展する恋愛は、友達付き合いの経…… 恋KING 編集

HOME > 男友達が彼氏になった事で発覚した欠点7つ