HOME > これはひどい!結婚後の夫に対する予想外な欠点6つ
2015.09.09

これはひどい!結婚後の夫に対する予想外な欠点6つ

結婚後の夫に対する予想外な欠点6つ

結婚前と結婚後では、生活が大きく変わります。また、生活の変化に伴って、人そのものにも変化が生まれます。つまり、彼氏だった頃と夫になった時とでは、同じ男性でも全く違った姿になるのです。そして、その変化で長所が増えればいいのですが、逆に短所が増えてしまうという痛い例もあるのです。
そこで今回は女性読者アンケートを元に、
「これはひどい!結婚後の夫に対する予想外な欠点6つ」を紹介します。
大好きな彼氏と結婚したのにすぐに離婚してしまう、それにはこういった事情があるのです。

1. 収入が少ない 「給料が少ないから生活が大変。こんなこと夫には言えないですし、困っちゃう」(30代女性)など、
収入が少ないのが欠点という意見が多くありました。結婚前は実家や独り暮らしをしていますが、結婚後は二人で暮らすことになります。このように、結婚前と結婚後では生活スタイルそのものが違うため、収入へのこだわりが結婚前と結婚後で異なるのです。このため、結婚前は気にならなかった収入も、結婚後だと気になるようになるのです。実際に生活すると厳しい、それが女性に不満を抱かせてしまうのです。

2. 両親に頼りすぎる 「二人だけで生活できると思っていたけど、旦那のお母さんがしょっちゅうくるし、頼り過ぎ」(20代女性)など、
両親に頼り過ぎるのが欠点という意見が多くありました。結婚生活というのは思っている以上に大変です。もちろん楽しいこともありますが、数々の出費が大変で、どうしても両親に頼ってしまうことがあります。男性としては自身の収入をカバーしてくれる両親は頼もしく感じますし、両親も善意でやっていることです。しかし、女性としてはそれがストレスになってしまうことがあるのです。本来二人で過ごすはずの時間に、夫の両親がやってくる、例え両親との仲が良好だとしても、それがあまりに続くようであれば、女性は不満を抱きます。

3. 子作りの気持ちの違い 「私はすぐに子供が欲しかったけど、夫は二年くらいはいいって言って、それで少し幻滅」(20代女性)など、
子作りの気持ちの違いが欠点という意見が多くありました。これは夫婦間でよく起こり得る問題なので、子供への考え方は、あらかじめお互いの考えを話しておくべきでしょう。子作りまでの期間にズレがあるだけならまだいいですが、片方は子供が欲しくて、片方はいらないというほど極端であれば、ケンカや離婚に発展してしまうケースもあるので要注意です。

4. 働かない 「結構仕事をサボっちゃうし、この人大丈夫かなって最近思えてきた」(10代女性)など、
働かないのが欠点という意見が多くありました。付き合っている時は一緒に暮らしていないので、仕事を多少しなくてもそれが生活に響くことはありません。しかし、結婚して一緒に暮らすようになると、家計を管理する女性としては、働かない夫に嫌気がさしてしまうのは当然です。特に女性の周囲の夫婦がバリバリ働くような男性の場合、その欠点が余計目立ってしまいますし、女性の両親に対しても気まずくなります。つまり、男性が働かないことで、結婚生活の全てが壊れてしまうのです。

5. 亭主関白 「意外と亭主関白でストレスが溜まる。この前も大ゲンカしましたよ」(30代女性)など、
亭主関白なのが欠点という意見が多くありました。これは相性に関わる問題です。相性の良い悪いは、決して趣味や好みだけでなく、こうした考え方そのものも対象になります。引っ張ってくれる男性は確かに魅力的ですが、それが度をすぎて亭主関白になってしまうと、女性は不満を抱きます。特に対等な立場を実感できないと、女性は不満どころか男性のこと自体を嫌いになってしまいます。頼れる夫と偉そうな夫、全く違うように思えますが、実はそれは紙一重の違いなのかもしれません。

6. ルックスが劣った 「結婚してから、何かカッコよさがなくなっちゃった。付き合っている時はカッコよかったのに」(20代女性)など、
ルックスが劣ったのが欠点という意見が多くありました。実はこの不満は男性が女性に抱くケースも多く、その意味ではお互い様とも言えます。これは実際には劣ったわけではなく、ファッションに気を使わなくなったのが原因です。ずっと一緒にいる以上、恋人同士だった頃のように、常にオシャレな姿を見せる男性は、むしろ珍しいのです。そう考えると、顔の良さだけで結婚を決めてしまうと、いずれ後悔する時がくるでしょう。

女性はこうした不満を夫に対して抱いています。最も、結婚生活というのは楽しいことばかりではありません。暮らすというのは生きるということですし、甘い考えで結婚してしまうと、こうした不満に我慢できなくなってしまいます。どんな素敵な男性と言っても短所は必ずありますし、それは女性だって同じことです。“何があってもこの人と一緒に乗り越える”、そこまでの覚悟ができなければ、結婚自体するべきではありません。浮気やDVであれば別ですが、そこそこの短所が発覚したくらいで幻滅していては、とても結婚生活はできません。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

燃えすぎは要注意!付き合いたてカップルの6つの注意点

燃えすぎは要注意!付き合いたてカップルの6つの注意点

付き合ったばかりのラブラブカップル、周囲も羨む熱い二人ですが、決していいことばかりではありません…… 恋KING 編集
勝算なし!彼女がいる男性の特徴7つ

勝算なし!彼女がいる男性の特徴7つ

せっかく好きな男性ができても、その男性に彼女がいたら諦めるしかありません。この場合、その男性に彼…… 恋KING 編集
未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ

未熟でゴメン!初めての付き合いでありがちな失敗例6つ

初めて彼氏や彼女ができた時は、まだ男女の付き合いに慣れていないため、その未熟さが失敗を招くことが…… 恋KING 編集
マジですか?!彼女が大好きな男のちょっとキモい6つの行為

マジですか?!彼女が大好きな男のちょっとキモい6つの行為

彼女が大好きなのは彼氏としては当然ですが、好きな気持ちが強すぎると、彼女はドン引きしてしまいます…… 恋KING 編集
年下彼女

年下彼女の魅力的な部分7つ

男性同士で理想の彼女を語る時、年下がいいか年上がいいかが、一つの盛り上がりになります。もちろんど…… 恋KING 編集

HOME > 年下彼女の魅力的な部分7つ