あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  ムード作りのお供に一本!女性受けするAVの特徴6つ

ムード作りのお供に一本!女性受けするAVの特徴6つ

女性受けするAVの特徴

AVは男性だけの物ではなく、女性も観賞したがります。さすがに一人の時に観賞してオナニーする事はないでしょうが、例えばカップルで室内にいる時には、甘いムードになりたくて観賞したがる場合があります。しかし、そこで女性好みのAVをチョイスしなければ、逆にムードは冷めてしまいますし、あまりにも特殊なAVを選んでしまうと、それを持っている男性の趣味を疑われてしまいます。
そこで今回は女性読者アンケートに元に、
「ムード作りのお供に一本!女性受けするAVの特徴6つ」を紹介します。
一体女性はどんなAVを好むのでしょうか?普段決して口にできない女性の本音がここにあります。

1. レズシーンがある 「男優さんってあまり興味ないし、せっかくなら綺麗な女の子同士のエッチが観たい」(20代女性)など、
レズシーンがあるAVが好みという意見が多くありました。男性と違って、女性は普段AVを観る機会がないですし、せっかく観るならなかなか見られないエッチシーンを観たいという女性が多いのです。そこで候補として選ばれるのが、女性同士がエッチするレズ物です。映像としても綺麗なので嫌悪感を抱かないですし、AVでしか観賞できないプレイという事で、女性もレズ物には興味津々です。

2. ストーリーが存在する 「エッチな気分になれるようなストーリーが欲しい。ただやるだけなら、官能小説の方がマシ」(10代女性)など、
ストーリーが存在するAVが好みという意見が多くありました。男性と女性では、エッチに感じるツボが大きく違います。男性は女性の裸を見たがるように、視覚的な部分から性的興奮を得ます。一方女性は直接の裸より、雰囲気や想像での方が、性的興奮が高まるのです。これをAVに当てはめると、女性はエッチシーンそのものよりも、そこに至るまでのイヤらしいストーリーの方に興奮するのです。つまり、ストーリーが存在しないAVは論外という事になります。

3. 禁断の関係の男女がエッチする 「教師と生徒とか、兄妹とか、そういうイケない関係のエッチに濡れます」(20代女性)など、
禁断の関係の男女がエッチするAVが好みという意見が多くありました。こうしたシチュエーションに興奮するのは男性も同じですが、女性のこだわりはそれ以上です。また、こうした禁断の関係のエッチを描くからには、それ相応のストーリーの存在も必要不可欠になりますよね。つまり、上記の「2の項目」で挙げた回答がより具体化したのが、この回答という事になります。

4. 女性が喘ぎすぎない 「男の人には分かんないかもしれないけど、明らかに演技の喘ぎ声もある」(10代女性)など、
女性が喘ぎすぎないAVが好みという意見が多くありました。ドラマでも映画でも、演技である事は分かっていつつも、それをあからさまに感じてしまうと、一気にその作品への熱が冷めてしまうものですよね。これはAVも例外ではなく、わざとらしい喘ぎ声を聞いてしまう事で、そのエッチシーンに対する興奮が一気に冷めてしまうというものです。さらに女性はこれに敏感に気づくため、女優がわざとらしいほど喘ぎすぎるAVには興味がないのです。

5. ジャンルはノーマル 「ま・・まあAVは観てもいいけど、普通のヤツでお願いしますね(笑)」(30代女性)など、
ジャンルはノーマルなAVが好みという意見が多くありました。要するに、一般的な女優物であれば間違いないでしょうが、一つ注意点があります。例えばSMジャンルのAVでなくても、作品中、プレイの一つとしてSMが展開されるような、いわば通常作品の中で特殊なプレイが展開されるAVも存在します。ムードを高めたければ、男性はこうしたプレイがないかどうかもチェックしておく必要があるでしょう。あくまで普通の女優物を選び、チャプターを確認していずれもノーマルなエッチばかりだった、これで初めてそのAVは合格となるのです。

6. 男優がイケメン 「せっかくならイケメンの男優が出た方がいい。そういうのってあります?」(20代女性)など、
男優がイケメンのAVが好みという意見が多くありました。男性はAV女優の裸に注目しますが、女性の場合はAV男優の裸に興奮するわけではありません。むしろ視点としては、男性と同じく女優に注目しています。つまり、男優に対しては興味を示さない女性が多く、エッチシーンでは邪魔にすら感じてしまう女性もいるほどです。このため、どうせ登場するならイケメンの男優がいいと感じるのです。

やはり女性ならではと言うか、男性と全く違った意見が挙がった感じがします。少なくとも、男性が好むAVと女性が好むAVではタイプが異なっている事が分かります。興味本位で二人で観賞するには問題ないですが、ムード作りを意識して観賞する上では、女性好みのAVをしっかりと見極めてチョイスする必要があります。男性は今回挙がった意見を参考にして、彼女と観賞するためのAVを一作は用意しておくのもいい方法ですね。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

恋のライバル

彼は私のもの!恋のライバルに差をつける6つの方法

恋KING 編集
あの人に抱かれたい!エッチしたいと思わせる男性の特徴

あの人に抱かれたい!エッチしたいと思わせる男性の特徴6つ

恋KING 編集
可愛い

男性が女性をカワイイと感じる瞬間6つ

恋KING 編集
ネットで彼女を探すメリットとデメリット

ネットで彼女を探すメリットとデメリット

恋KING 編集
元彼を忘れられない女に忘れさせる方法6つ

元彼を忘れられない女に忘れさせる方法6つ

恋KING 編集