あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  夫婦関係がうまくいかない夫婦が持つ7つの特徴

夫婦関係がうまくいかない夫婦が持つ7つの特徴

夫婦関係がうまくいかない夫婦が持つ7つの特徴

夫婦関係がうまくいかない夫婦達を見てみると、どの夫婦にもある共通点があります。 つまり、その共通点を持つ夫婦は要注意ということになりますし、そこを改善することができれば良好な関係を保てるわけです。 そこで今回は、 「夫婦関係がうまくいかない夫婦が持つ7つの特徴」を紹介します。
あなたも夫婦関係がうまくいかないなら、これらの特徴を持っていないか確認してみてください。

目次 1. 一方の気が強い
2. 夫の稼ぎが少ない
3. セックスレス
4. 年齢差がある
5. 付き合って短期間で結婚している
6. ゆっくり会話する機会がない
7. それぞれの個室がある

1. 一方の気が強い

一方の気が強い 一方の気が強いと、どうしても気が強い方が極端な主導権を握ります。 そうすると、主導権を握られる側は意見を言うことすらできず、ただ従うだけの言いなりになってストレスが溜まってしまいます。 これではうまくいくはずがないですよね。 こうなると、従う側がどれだけ我慢できるかということになってきますが、我慢できずに爆発した時が夫婦関係の破綻の時になります。 気が強い、弱いは性格の一つなのでどうしても起こり得る特徴ですが、少なくとも立場に優劣をつけてしまうほど気の強さを露呈させてしまうのは厳禁です。

2. 夫の稼ぎが少ない

夫の稼ぎが少ない 夫の稼ぎが少ない、これだけなら問題ありません。不景気な今、むしろ稼ぎの多い夫の方が珍しいくらいです。 しかし妻がそれを不満に思って愚痴るようでは、夫婦関係は破綻してしまいます。 最も、夫が仕事をサボっているなら別ですが、一生懸命働いている場合は応援してあげてください。 夫も稼ぎの少なさは自覚しているでしょうし、それにコンプレックスを抱いているかもしれません。 このため、そこを責めるのは傷口をつつくのと同じことになってしまうのです。

3. セックスレス

セックスレス エッチは単に快楽目的ではなく、夫婦関係を良好に保つ上で大変重要です。 セックスレスになれば、一方に性欲が溜まってしまうでしょうし、それでもエッチする機会がなければ浮気や不倫に走ってしまう可能性だってあります。 また、セックスレスの夫婦はうまくいっていないというイメージが世間で強いため、セックスレスになるだけで、“自分達はうまくいっていない”と互いが思いこんでしまうのです。
このため、定期的なエッチは必要ですし、それが無理なら一緒にお風呂に入ったり、キスするなど、イチャイチャする時間を作ることを考えてください。

4. 年齢差がある

年齢差がある 夫婦の間に大きな年齢差があると、それが原因でうまくいかなくなることがあります。 年齢差によってお互いの趣味や興味が異なれば、一緒に暮らすことで共通の楽しみが得られなくなるからです。 また、妻が年上の場合は夫が若い女性とエッチしたくなることがありますし、夫が年上の場合も、妻が若い男性とデートしたくなることがあるのです。
もちろん、年齢差があっても良好な関係を築いている夫婦もいます。
しかし、そういった夫婦は結婚前にあらかじめ年齢差で起こり得る問題を予測し、それに対して問題ないという自信を持っているからなのです。

5. 付き合って短期間で結婚している

付き合って短期間で結婚している “交際→結婚”というのが通常の流れですが、この時、交際期間というのは単に結婚へのステップだけではなく、結婚相手としてお互いを見極めるための期間でもあります。
このため、付き合って短期間で結婚してしまうと、お互いの長所や短所を把握できない可能性があり、そうなると夫婦関係はいずれうまくいかなくなります。
“夫に致命的な欠点が見つかった”、そんな理由で離婚してしまう夫婦もいますが、そもそも長く付き合っていれば、妻は夫のその欠点に気づけたはずです。
この例の場合、短い間しか付き合わずに結婚してしまったために、夫の欠点に気づけず、こうした事態を招いてしまったわけです。

6. ゆっくり会話する機会がない

ゆっくり会話する機会がない いくら仲のいい夫婦とは言え、ただ一緒にいるだけで幸せを感じることなどできません。 一緒にいるだけで幸せと感じられるのは、付き合ったばかりの初々しいカップルだけが抱く感情です。 長く一緒にいればお互いの存在に慣れてきますし、何もせずに生活していてはいつしか愛情も冷めてしまうのです。 ではどうすれば愛情を維持し続けることができるのか?それは会話です。 長年連絡を取っていない友達とはいずれ疎遠になってしまうように、夫婦においても会話がなければ関係は薄れてきてしまうのです。

7. それぞれの個室がある

それぞれの個室がある まだ結婚前の人にとっては夢のない話になってしまうかもしれませんが、結婚して一緒に暮らすようになると、必ず一人の時間が欲しくなってきます。
そんな中、家の間取りとして夫婦それぞれの個室があると、いつしかお互いがそれぞれの個室で過ごす時間が増えてきてしまいますし、テレビや趣味のものがあれば、二人でリビングで過ごす機会が失われる可能性すらあります。
そうなると夫婦として一緒に住む必要性が失われ、いつしか関係もこじれてしまうのです。

いかがでしたか?
夫婦の間でこうした特徴があれば、それは関係がうまくいかなくなる危険要素になります。
問題というのは起こってから対処するのでは遅い場合があり、あらかじめ問題になり得る要素を考えて対策を練っておくことが大切なのです。
ここで挙げた特徴を把握しておけば、いざ結婚生活が始まった時にその対処を考えることができるので、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

あの子は昔、ワルだった?!元ヤン女を見極める6つのコツ

あの子は昔、ワルだった?!元ヤン女を見極める6つのコツ

恋KING 編集
shutterstock_235865920

なぜ男は彼女に元カノの話をする?その理由を考察

恋KING 編集
男性必見!告白のセリフが思いつかない時の反則技7つ

男性必見!告白のセリフが思いつかない時の反則技7つ

恋KING 編集
本性が見えた!この女は猫を被っていると思う瞬間6つ

本性が見えた!この女は猫を被っていると思う瞬間6つ

恋KING 編集
shutterstock_159857975

今がチャンス!彼氏がいない期間にするべきこと6つ

恋KING 編集