HOME > 童貞男子応援します!人には聞けないラブホの常識6つ
2015.08.07

童貞男子応援します!人には聞けないラブホの常識6つ

童貞男子応援します!人には聞けないラブホの常識

童貞の男性に彼女ができた時は、待望のエッチへの期待が高まると同時に不安に覆われます。それはエッチする時に訪れることになるラブホのシステムです。特に童貞を悟られたくない男性の場合は、ラブホの知識がないことを披露したくはないでしょうし、無知さを知られれば、童貞と疑われる可能性があります。
そこで今回は男性読者アンケートを元に、
「童貞男子応援します!人には聞けないラブホの常識6つ」を紹介します。
友人にも聞きづらいラブホの知識、ぜひこの場で覚えておいてくださいね。

1. ホテルのゴムは使わない 「ホテルにもゴムがあるけど、嫌がる女のために持参した方がいい」(20代男性)など、
ホテルのゴムは使わないことを知っておくべきという意見が多くありました。エッチする時に避妊が必要な場合、ゴムを使ってのエッチになりますが、こうしたゴムはホテルのベッドに一つは用意してあります。しかし、ホテルのゴムを使うのを嫌がる女性が意外に多く、それに備えて男性自身でゴムを用意しておいた方がいいのです。性格にはゴムにも様々なタイプがありますし、どうせなら男性自身の好みのゴムを選んだ方がいいですよね。

2. お泊りは夜10時以降受付が基本 「ホテルって言ってもリゾートホテルとは全然違って、お泊りにも時間のルールがある」(20代男性)など、 お泊りは夜10時以降受付が基本だと知っておくべきという意見が多くありました。ホテルに行く時、もし泊まりを希望するのであれば、その受付時間は夜10時以降が基本になります。もちろん昼間に入ってそのまま泊まることもできますが、その場合休憩と宿泊の両方の料金が発生してしまい、高額な料金になってしまいます。このため、お泊りデートをするカップルの大半は、その時間までカラオケやデートそのものを楽しみ、夜10時以降にホテルに行くという方法をとっています。

3. 入室するには部屋番号を押してから部屋に行く 「ホテルのシステムを知らないと部屋に入るのも迷うだろうから、ちゃんと覚えておこう」(30代男性)など、
入室するには部屋番号を押してから部屋に行くことを、知っておくべきという意見が多くありました。ラブホの場合、一般のホテルのようにフロントで受け付けをするわけではありません。ホテルに入ると部屋の一覧が表示されており、それぞれの部屋の画面のどこかにボタンが用意されています。希望の部屋のボタンを押し、その部屋に向かうと、部屋の入り口でライトが点灯しており、そのまま部屋に入ってチェックイン完了となります。ほとんどのホテルがこのシステムを採用しています。これを知らなければ入室の時点で迷ってしまう結果になります。

4. 週末の夜は混雑している 「せっかく行っても満室にならないよう、混む時間帯は知っておくべき」(20代男性)など、
週末の夜は混雑していることを知っておくべきという意見が多くありました。ラブホの部屋数は決して多くはなく、タイミングによっては満室で入れなくなってしまいます。このため、確実に入室するには混む時間帯やタイミングを知っておくと有利です。ちなみにこれに該当するのが週末の夜です。週末の夜は宿泊希望のカップルも多く、競争率が高くなります。もし行きたいホテルが決まっているのなら、こうした混むタイミングで行くのは避けた方がいいでしょう。

5. 休憩時間は基本三時間 「休憩って概念分かるかな?俺も最初はこれがよく分からなかった」(20代男性)など、
休憩は基本三時間だと知っておくべきという意見が多くありました。ラブホを利用する場合、その目的は二通りであり、休憩か宿泊のどちらかです。宿泊はその名前のとおりお泊りであり、休憩は数時間ホテルを利用することを示します。この休憩は一般的には三時間に設定されていることが多いのが特徴です。さらにホテルによってはフリータイムを導入しているホテルもあります。まず泊まるつもりがないのであれば、基本的には三時間がリミット、そう思っておけば間違いないでしょう。

6. AV観賞できる 「ホテルではAVが観れます!これを知っておくといいですね」(20代男性)など、
AV観賞できることを知っておくべきという意見が多くありました。ホテルの室内にはテレビがあり、そこではAV観賞が可能です。ムードを盛り上げる上ではAVは効果的です。例えば昼間にホテルに行く予定の場合、ムード作りに迷っているのであれば、そこでAV観賞できることを知っておくと便利です。ちなみにアダルトチャンネルを利用して観賞することになるので、選択の余地はないものの、24時間AV観賞可能になっています。

ラブホにはこういった特徴があり、言ってしまえばこれらは全て常識です。もしラブホに対する無知さを知られたくないのであれば、これらの点は必ず抑えておくべきです。また、今ではホームページを開設しているホテルもあるため、お目当てのホテルがあれば事前にホームページにアクセスし、情報を仕入れておくといいでしょう。中にはサウナやプールが楽しめるような豪華なホテルもありますよ。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

shutterstock_159857975

今がチャンス!彼氏がいない期間にするべきこと6つ

彼氏がいない期間の上手な使い方を教えます。 彼氏がいない時には、彼氏がいないからこそできること…… 恋KING 編集
競争率

競争率の高いモテる男性との恋を成功させる5つの作戦

好きな男性ができた時、時には恋のライバルが現れる事があります。その男性が周囲からモテる程、 当…… 恋KING 編集
結婚

男性に聞く!結婚に向いていない女性の特徴6つ

多くの女性は将来的に結婚する事を望んでいるでしょう。しかし男性の視点でそれを語ると、明らかに結婚…… 恋KING 編集
燃えすぎは要注意!付き合いたてカップルの6つの注意点

燃えすぎは要注意!付き合いたてカップルの6つの注意点

付き合ったばかりのラブラブカップル、周囲も羨む熱い二人ですが、決していいことばかりではありません…… 恋KING 編集
部屋に呼ぶ

女性が部屋に来たくなる7つのアイテム

男性なら誰もが夢見る女性のお持ち帰り、コンパや飲み会で、密かにそれを狙う男性も多いですよね。しか…… 恋KING 編集

HOME > 女性が部屋に来たくなる7つのアイテム