あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  ラブラブカップルに忠告!同棲をはじめる時の注意点6つ

ラブラブカップルに忠告!同棲をはじめる時の注意点6つ

ラブラブカップルに忠告!同棲をはじめる時の注意点6つ

ラブラブなカップルの行く先は、同棲か結婚です。こうした進展は周囲のカップルにとって羨ましいですが、実際に同棲や結婚をするとなると、真面目に注意しなければならない点がいくつかあります。ここでは同棲をテーマにして、そんな注意点をいくつか挙げていきます。
そこで今回は「ラブラブカップルに忠告!同棲をはじめる時の注意点6つ」を紹介します。
これらの注意点を考えなければ同棲は失敗してしまうので、ぜひ知っておいてください。

1. 生活費の分担 同棲するからには、そこにいくつかの出費が発生します。家賃、光熱費など、こうした生活費をどう分担するかを考えておいてください。例えば、彼氏だけが働いているようでは明らかに不公平ですし、彼女の立場が弱くなってしまいますよね。また、きっちりと均等に払うとしても、二人に収入の差があった場合、これもまた一方の生活が不自由になってしまいます。ではどうすればいいのか、それを決めるのは同棲する二人です。お互いの収入、必要な生活費、それらを踏まえた上で、二人とも納得のできる結論を導き出してください。

2. 結婚前提かどうか 何のために同棲をするのか、その考えに差があっては、後に揉めることは目に見えています。一般的なのは結婚前提であり、お互いがその意識を持っているかを確認する必要があります。同棲している状態で別れるのと、普通に付き合っていて別れるのとでは、重みも手間も全く違ってきます。もちろん理由によっては別れもやむを得ないですが、少なくとも気持ちの違いという理由では別れたくないですよね。その意味でも、同棲するそもそもの目的を話し合い、お互いが同じ目的で同棲を望んでいるかを確認してください。

3. 貯金の確認 お互いがどれくらい貯金を持っているか、現実的な話になってしまいますが、この点の確認は必須です。何しろ同棲は二人だけで暮らすわけですから、出費もそれなりに大きなものになりますよね。仮に結婚前提の場合、結婚に向けてお金を貯めるのが一般的です。しかし、同棲することでお互い思うように貯金ができなくなりますし、現在の貯金は必ず確認しておくべきです。同棲後は貯金をするのが難しくなるため、極端な話、お互いの貯金がゼロであれば、結婚資金が一切貯まらないということになってしまうのです。愛情の大きさはもちろんですが、同棲のタイミングは、貯金の額も考慮する必要があるのです。

4. 部屋の間取りに注目する 肝心の部屋を決める時、2LDKや3DKといった感じで、部屋の規模や内装だけに注目していませんか?実際に同棲する部屋を決めるなら、それだけではなく、間取りにも注目する必要があります。同棲の失敗パターンで最も多いのが、お互い一人の時間が作れなくなったという理由での同棲解消です。この場合、それぞれの個室を基本的に確保することで、こうした失敗を防ぐことができるのです。そして、ただ部屋数だけ見てそれを判断するのはあまりにも危険です。例えば、洗濯物を干す時にベランダに行く際、男性の個室を経由しなければいけない、そんな間取りもあり得ますよね。こうなると男性は不満を抱くでしょうし、こうしたトラブル防止のためにも、必ず間取りは確認してください。

5. 友達との付き合い方が変わる 同棲した場合、確実に変わるのが友達との付き合い方です。何しろ友達を家に呼ぶということは、恋人がいる場所に呼ぶことになるわけです。これを歓迎するかどうか、それは人それぞれですし、ここで回答を挙げることはできません。ただ言えることは、今までと同じ感覚で友達付き合いはできないということです。最も、結婚した場合にもこれは言えることなので、この点に不服があるなら、それは結婚にも向いていないことになります。少なくとも、毎週友達と遊ぶといったことはまず不可能になりますし、家で遊ぶ機会も減るでしょう。基本的には恋人と過ごすことが圧倒的に多くなるので、それに関して問題ないか、改めて自身に問いかけてください。

6. 役割分担を決めておく 好きな人と一緒に暮らすというのは、言葉では甘くて魅力的ですが、現実はそう甘くはなく、大変なこともたくさんあります。食事や洗濯、こうした家事で両親に頼ることはできないですし、ゴミ出しや掃除といった、清潔さを感じない仕事だって多々あります。このため、どちらがどんなことをやるのか、家事においては確実に役割分担を決めておくべきです。公平、不公平で揉めると解決が難しいですし、そんな事態を避けるためにも、役割分担を先に決めておくことをおススメします。

同棲をする場合、これらのことに関して確認や了承が必要になります。仮にこれらのことに対して面倒に思うなら、正直同棲はおススメできません。同棲では、楽しいことはもちろんたくさんありますが、同時に大変なこともたくさんあり、これが一緒に暮らすということの現実の姿なのです。逆に、今回挙げたことに一切問題ないというのなら、それは充実して楽しい同棲生活を送ることができるでしょう。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

女性評価

地道に点数アップ!確実に女性からの評価が上がる行動7つ

恋KING 編集
部屋に呼ぶ

女性が部屋に来たくなる7つのアイテム

恋KING 編集
仕事

働かない彼氏を働く気持ちにさせる5つの言葉

恋KING 編集
あの子は昔、ワルだった?!元ヤン女を見極める6つのコツ

あの子は昔、ワルだった?!元ヤン女を見極める6つのコツ

恋KING 編集
減点

減点必須!彼女の部屋に失望した理由7つ

恋KING 編集