HOME > 女性が聞いたら引くかも!減点対象になる男性の過去6つ
2015.10.12

女性が聞いたら引くかも!減点対象になる男性の過去6つ

女性が聞いたら引くかも!減点対象になる男性の過去

男性の過去を気にする女性がいますが、そもそも具体的にどんな過去を気にするのでしょうか?一方男性にとって気になるのは、自身の評価が下がってしまう、いわば減点対象の過去ですよね。
そこで今回は女性読者アンケートを元に、
「女性が聞いたら引くかも!減点対象になる男性の過去6つ」を紹介します。
決して変えることのできない過去、その意味では男性にとって驚異的な意見の数々です。

1. 付き合った人数が多い 「付き合った人数が多いと気になる。遊ばれる気がするし、警戒しちゃいますね」(20代女性)など、
付き合った人数が多いのは減点対象という意見が多くありました。付き合った人数が多ければ、その分多くの女性とエッチしてきたことになります。仮に全て本気の恋愛だとしても、やはり経験人数が多ければ、女性は引いてしまいますよね。また、こうした場合、どれくらいの経験人数だと減点になるのか、具体的な人数を知りたがる男性もいます。これは年齢にもよるので、一概に数字を挙げることはできません。例えば5人とエッチした経験があるとして、その男性が10代と30代では、同じ5人でも印象が全く異なるからです。

2. 浮気したことがある 「浮気経験がある男は絶対ダメ。それを自慢げに話す男はお友達にもなれません」(30代女性)など、
浮気したことがあるのは減点対象という意見が多くありました。いくら過去の過ちとは言え、浮気は女性が最も嫌うことの一つです。いくら今は真面目だと言っても、過去に浮気の経験があれば、それだけで許してくれない女性もいるのです。その意味では、女性と付き合う時には常に真剣で本気の恋でなければなりません。過去のことだし、言わなければバレないと思うかもしれません。しかし、実際に浮気の経験があれば、どこからかその過去が洩れ、何故か女性に分かってしまうものなのです。

3. 童貞 「童貞男子は私的には無理です。減点とか引くとかよりも無理。特に20代以降は超NG!」(20代女性)など、
童貞なのは減点対象という意見が多くありました。これは男性の年齢にもよります。ただし、世間のデータや普通に恋愛をして学生生活を過ごしたことを前提に考えると、大抵の男性は10代後半、遅くても20代前半にはエッチを経験します。このため、20代後半以降の男性が童貞だと、女性から減点対象と見なされてしまいます。そもそも何故減点するかですが、これは童貞であることで、その男性がモテないのではというイメージ、さらにエッチ自体に慣れていなくてテクニックに期待できない不満、これらが理由かと思われます。

4. 転職経験が多い 「転職ばかりしている男性は、将来も不安だし、付き合うのに抵抗あるかな」(30代女性)など、
転職経験が多いのは減点対象という意見が多くありました。結婚を視野に入れた女性から見ると、これが最も減点対象になるのではないでしょうか。何も考えずに付き合っているだけなら職業はそれほど気にならないですし、逆に仕事に不真面目な男性ほど時間もできるので、頻繁に会ったりデートができます。しかし、結婚を考えるようになると、こうした男性の評価は一気に下がります。やはり最後に勝つのは、仕事を頑張っている真面目な男性だということです。

5. 元ヤン 「昔の武勇伝を自慢する勘違い男は即減点!」(20代女性)など、
元ヤンなのは減点対象という意見が多くありました。男性なら一度はとおる思春期のヤンチャな気持ち、その時代では、反抗的なヤンキー系男子をカッコよく感じるものです。しかし、それが通用するのは中学や高校までであり、それ以降になると、逆に周囲に引かれてしまいます。このため、もし評価を上げるつもりわざと男性が元ヤンをアピールしているのであれば、それは間違っていると男性も心得るべきです。社会人になると、学生時代とは全く逆で、真面目に働いている男性の方が、評価が高くなるのです。

6. 離婚経験がある 「一番の減点対象って言えば、やっぱり離婚歴かなぁ」(30代女性)など、
離婚経験があるのは減点対象という意見が多くありました。事情は色々あるでしょうから、離婚自体がダメとは一概には言えないですし、むしろ離婚した方がいいという状況だっていくらでもあります。しかし、男性の離婚歴が減点対象であることは事実です。このため、離婚歴のある男性は、それを話したくない過去として封印するのではなく、なぜそうなったかを女性に告げた方がいいでしょう。その過程で男性に非が無ければ、実際には大きな減点対象にはならないです。

これらのことが、女性にとっては男性の減点対象になるようです。ここで注目すべき点は、ルックスに関しての意見が全くないということです。もちろんアンケートの中にはルックスの悪さを挙げる意見もありましたが、今回挙がった意見の数々と比べると、その割合は微々たるものでした。つまり、ルックスの良し悪しは致命的な影響を及ぼさないということです。このため、イケメンの男性であっても、油断していると別の部分で大きく減点される可能性もあるわけです。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

shutterstock_159857975

今がチャンス!彼氏がいない期間にするべきこと6つ

彼氏がいない期間の上手な使い方を教えます。 彼氏がいない時には、彼氏がいないからこそできること…… 恋KING 編集
カップル必見!お泊りデートの良い点と悪い点

カップル必見!お泊りデートの良い点と悪い点

カップルのデートで最も憧れとなるのが、お泊りデートです。最も、お泊りデートを実現するには、お互い…… 恋KING 編集
告白を成功

あの男性は本当に脈アリか?告白を成功させるための7つのおさらい

いい感じになった好きな男性との関係、こうなったら後は男性に告白するのみで、もはや最終段階の状態で…… 恋KING 編集
出会いのきっかけが増えるちょっとした意識8つ

出会いのきっかけが増えるちょっとした意識8つ

日頃、出会いのきっかけがないと嘆いているあなた、そんなあなたも、日常生活のちょっとした工夫で出会…… 恋KING 編集
結婚よりも同棲を選んだカップルが語る6つの理由

結婚よりも同棲を選んだカップルが語る6つの理由

同棲するか結婚するかを天秤にかけた時、迷わず同棲を選ぶカップルもいます。 どちらにしても一緒に…… 恋KING 編集

HOME > 結婚よりも同棲を選んだカップルが語る6つの理由