HOME > 好きな男性への想いが冷めたきっかけ6つ
2015.09.08

好きな男性への想いが冷めたきっかけ6つ

好きな男性への想いが冷めたきっかけ6つ

女性は好きな男性ができると、想いの強さが一気に高まります。しかし、その熱は冷めるのもまた早く、好きだった男性に対して、何らかの出来事がきっかけで、想いが一気に冷めてしまうものです。ここで気になるのは、何らかの出来事とは何かということですよね。
そこで今回は女性読者アンケートを元に「好きな男性への想いが冷めたきっかけ6つ」を紹介します。
好きな男性への想いがいつの間にか冷めてしまうのは、こういった事情があったわけです。

1. 不潔 「衛生的に問題がある人って分かってすごくショック。一気に冷めました」(20代女性)など、
不潔だったので想いが冷めたという意見が多くありました。不潔と言い切ると極端ですが、これは清潔そうに見えないというのも該当します。例えば無精ひげを伸ばしはじめたり、同じ服を頻繁に着ていると、とても清潔そうには見えないですよね。後は、手を洗わないなど、ささいなことで女性は不潔だと判断してしまいます。そう考えると、男性が女性に何もしなくても、日常生活の中で嫌われてしまう要因があることになり、男性にとっては要注意の回答です。

2. 遊び人だった 「遊び人だよって友達から聞いた。本当のことだったし、冷めたというか嫌いになった」(10代女性)など、
遊び人だったので想いが冷めたという意見が多くありました。外見だけで男性を好きになると、こうした状況が起こりやすくなります。女性にとってはショックな事実かも知れませんが、考え方によっては、付き合う前にそれが発覚したことはプラスと言えるのではないでしょうか。遊び人の男性というのは、彼氏にする上では最低ランクに分類されますし、とてもまともな恋愛ができる相手ではないのです。

3. 彼女がいた 「彼女がいるのが分かって冷めた。フリーだと思ったんだけどなぁ」(20代女性)など、
彼女がいたので想いが冷めたという意見が多くありました。想いが冷めるパターンとしては、最もありがちな例です。この回答を読んだ女性の中には、彼女の存在に気づかないことを不思議に思う女性もいるかもしれませんが、実際にはなかなか気付かないものです。そもそも大っぴらに彼女がいることを公言する男性はいないですし、肝心の彼女が周囲にいなければ、存在に気づかないのも当然です。このことを知らずに想いを抱き続ければ、その時間はムダになってしまいます。このため、好きな男性ができた時は、まずは情報収集として彼女の存在の有無を調べるべきでしょう。

4. リアクションが悪い 「何か反応がすごく悪いから、もういいやって思うようになっちゃった」(10代女性)など、
リアクションが悪いので想いが冷めたという意見が多くありました。“女性が想いをよせる男性が鈍感で、その想いに気づかない”、それを甘く感じるのはドラマの中だけです。実際には、女性の必死なアピールに反応がなければ、女性の気持ちは冷めてしまいます。もちろん男性に悪気はないのでしょうが、仮に焦らす意味でとぼけているのであれば、それが続くと女性は去ってしまいます。

5. もっとカッコイイ人がいた 「すごいカッコイイ人がいて好きだったけど、もっとカッコイイ人と知り合った」(30代女性)など、
もっとカッコイイ人がいたので想いが冷めたという意見が多くありました。顔だけで男性を選んだ場合、その男性以上にカッコイイ男性がいれば、女性の心は新しい男性に移ります。このため、男性の視点で考えると、顔だけで自分を好きになった女性と付き合っているのであれば、その女性には警戒すべきです。カッコイイと思われることは誇らしいでしょうが、むしろそれだけを魅力に感じている女性を相手にすると、自分以上にカッコイイ男性が訪れた時に、女性の想いは冷めてしまうのです。いくつか挙がっている回答の中でも、これは男性が最も注意すべき回答でしょう。

6. 勝算を感じない 「勝ち目のない恋をしていると、そのうち冷めちゃいますよね」(20代女性)など、
勝算を感じないので想いが冷めたという意見が多くありました。この場合、女性の抱いている感情は、愛ではなく、憧れや尊敬なのかもしれません。告白しなくてもフラれると分かっている、そんな男性を好きになってしまった時、女性は一定期間でその熱が冷めてしまいます。ただ、女性は何が理由で勝算がないのかをよく考えてみてください。仮に自信のなさでそういった結論を出してしまったのであれば、フラれるのを恐れずにアタックしてみてください。確かにその恋は散ってしまう可能性はありますが、それを恐れたら恋なんてできないのです。

“熱しやすく冷めやすい”、そんな言葉を使って自分の性格を表現する人がいますが、恋愛の、それも片想いの状況の中では、誰もがその表現に該当します。何年も想いを抱くような時代ではないですし、今は短期決戦が主流です。このため、想いを抱きながらも、こうしたささいなことがきっかけで冷めてしまうのは、決して珍しいことではないのです。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

結婚

彼女と結婚しようと決めた理由7つ

彼女との付き合いが続く事で、いつかはやってくるプロポーズの日、それは気まぐれや頃合いが理由ではな…… 恋KING 編集
モテる男への第一歩!女にモテる男の趣味7つ

モテる男への第一歩!女にモテる男の趣味7つ

モテる男性の要素といえばルックスが真っ先に思い浮かびますが、それ以外に趣味も重要です。 実際に…… 恋KING 編集
飽きない

彼氏から飽きられない女になる為の6つの秘訣

長期間彼氏と付き合っている女性は、周囲から羨ましがられながらも、実は不安を抱えている事が多いので…… 恋KING 編集
彼氏に内緒にしていること6つ

ここだけの話!彼氏に内緒にしていること6つ

いくら正直に話す恋人同士であったとしても、女性は自分の全てを彼氏に話すとは限りません。また、中に…… 恋KING 編集
ため息が止まらない!元彼のことを思い出す6つの瞬間

ため息が止まらない!元彼のことを思い出す6つの瞬間

ダメだと分かっていつつも元彼を忘れられない、そんな女性も多いですよね。そんな女性にとってマズいの…… 恋KING 編集

HOME > ため息が止まらない!元彼のことを思い出す6つの瞬間