あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  所詮は男と女!男女の友情が維持できない6つの理由

所詮は男と女!男女の友情が維持できない6つの理由

所詮は男と女!男女の友情が維持できない6つの理由

男と女、そこに生まれるのは愛情だけではありません。 時には友情で繋がることもあり、信頼できる異性の友達を作ることだってできるのです。 しかし悲しいことに、それはずっとは続かないのが現実です。 そこで今回は男女の読者アンケートを元に、 「所詮は男と女!男女の友情が維持できない6つの理由」を紹介します。
悲しい現実を証明する理由の数々、今回は男と女の友情が続かないことを実感する機会です。

目次 1. できることに制限がある
2. 一方に恋人ができると会えない
3. 維持できた例が少ない
4. 男性がエロ目線になることがある
5. 愛情が芽生えることがある
6. 状況によっては二人きりで会えない

1. できることに制限がある できることに制限がある 「男同士に比べてできることに限りがある。例えば銭湯とか無理でしょ?」(20代男性)など、 できることに制限があるから、友情が続かないという意見が多くありました。 友達同士である以上、本来なら様々な遊びができます。しかし互いが男と女となると、それにも制限があります。 泊まりで遊ぶことは無理ですし、旅行に行くこともできません。 つまり、男と女の仲に発展する可能性があることに関してはいくら友達同士でもNG対象になるわけです。
このため、同性の友達と同じような付き合い方はできないのです。そう考えると、二人の関係はずっとは続かないと思わざるを得ないのです。

2. 一方に恋人ができると会えない 一方に恋人ができると会えない 「どっちかに恋人ができたら絶対会うのを禁止されるでしょ。その時点で終わり」(30代女性)など、 一方に恋人ができると会えないから、友情が続かないという意見が多くありました。 いくら仲がいい友達とは言え、相手が異性となると恋人からすれば確実に不安対象になります。 このため、一方に恋人ができると束縛によってお互い会えなくなる可能性が高いのです。 男女の友情を理解できるのは当人達だけであり、周囲から見ればまるで恋人同士にも見えますし、エッチしていると想像されてもおかしくありません。
恋人の立場になって考えれば、自分の恋人がそういった異性と付き合いがあることを許せないのは分かります。

3. 維持できた例が少ない 維持できた例が少ない 「そもそも続いた例ってあるのかな?ネットですら見かけないよ?」(10代男性)など、 維持できた例が少ないから、友情が続かないという意見が多くありました。 このサイトに限らず、男女の友情ネタを考察しているサイトは多々あります。 そして、大半のサイトが男女の友情は続かないと結論づけているのです。つまり、そもそも男女の友情は維持できた例が少ないのです。 一般でも維持できた例がないため、ネットでもネタにされているわけです。 このため、仮に友情が続いたとしてもその確率が少ないことは確かです。

4. 男性がエロ目線になることがある 男性がエロ目線になることがある 「自分だと女友達のオッパイとかに注目しちゃうんで、それじゃあダメですよね」(20代男性)など、 男性がエロ目線になることがあるから、友情が続かないという意見が多くありました。 この場合、男女の友情が破綻するきっかけを作るのは男性です。 友達とは言え相手が女性である以上、時にはエッチな目線でその女性のことを見てしまうことがあります。 友達感覚で撮るプリクラも、男性の本音は女性が密着したことでドキッとするでしょうし、夏にプールに行った時は水着姿になった女性のオッパイが気になります。
こうやってエロ目線で女性を見てしまうことで、自然な友達感覚で付き合えなくなるのです。

5. 愛情が芽生えることがある 愛情が芽生えることがある 「結局どっちかが好きになるだろうし、そうなると友情とは言えないのでは」(10代女性)など、 愛情が芽生えることがあるから、友情が続かないという意見が多くありました。 いくら友達同士でも、そこに愛が生まれれば二人を繋ぐのは友情ではなく愛情です。 最も、これ自体は何も悪いことではないですが、単に友情維持を目標とした場合はこれも友情破綻のきっかけの一つです。 普通に考えれば、男女が長い期間親しい友達関係を続けていれば、どちらかに恋心が芽生えるのが自然です。
このため、一見友達同士に見える男女も、どちらの本心は相手に愛情を抱いているパターンが多いのです。

6. 状況によっては二人きりで会えない 状況によっては二人きりで会えない 「いくら友達でも状況によっては二人で会えないし、やっぱり関係は続かないと思う」(30代女性)など、 状況によっては二人きりで会えないから、友情が続かないという意見が多くありました。 友達同士なら二人で会う機会もあるでしょう。しかし男と女である以上、状況によっては二人きりで会えないのです。 例えば、男性の部屋で二人きりで会ったり、二人きりで旅行に行くのはNGですよね。 このように、どうしても複数でなければ会うのを認められない状況が発生し、そのために同性の友達のように親しくはなれないのです。

いかがでしたか?
一つ勘違いしてはいけないのが、男女の友情は成立しないと言っているわけではないということです。
つまり、あなたの身近に異性の友達がいれば、その友情は嘘ではなく本物なのでその点の心配はいりません。
問題はその友情を維持できるかどうかであり、結論を言ってしまうとそれは難しいのです。
つまり、友達にはなれてもその関係は続かない、それが男と女の友情で言えることなのです。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

一体なぜ?男友達を作らない女性の心理6つ

一体なぜ?男友達を作らない女性の心理6つ

恋KING 編集
男が彼女を友人に紹介したくない6つの理由

男が彼女を友人に紹介したくない6つの理由

恋KING 編集
付き合ってからしか分からない男性の短所6つ

付き合ってからしか分からない男性の短所6つ

恋KING 編集
shutterstock_159857975

今がチャンス!彼氏がいない期間にするべきこと6つ

恋KING 編集
今カノよりも元カノを選んでしまう男の7つの心理

今カノよりも元カノを選んでしまう男の7つの心理

恋KING 編集