HOME > 久しぶり!疎遠になった女性と再び交流できる6つのきっかけ
公開日: 更新日:

久しぶり!疎遠になった女性と再び交流できる6つのきっかけ

久しぶり!疎遠になった女性と再び交流できる6つのきっかけ

社会人になると友達と毎日会うこともできないため、どうしても疎遠になってしまう相手がでてきます。ちなみに男性の場合、仲の良かった女性と疎遠になってしまった経験もあるのではないでしょうか。そんな時、再びその女性と交流することが叶えば素敵ですし、それが恋の始まりになることもあるのです。
そこで今回は男性読者アンケートを元に、
「久しぶり!疎遠になった異性と再び交流できる6つのきっかけ」を紹介します。
疎遠になった女性には電話も掛けづらいでしょうし、さりげなく再会できる方法を教えます。

目次
1. アプリに招待する
2. わざと間違いメールを送る
3. 見かけたとLINEする
4. その女性の友達と交流する
5. 偶然会える場所に行く
6. わざと着信を入れておく

1. アプリに招待する

「LINEでアプリに招待するのっていい方法じゃないですか?結構やっている人もいますよ」(20代男性)など、
アプリに招待するのがおススメという意見が多くありました。スマホのアプリでは、他のユーザーを紹介することで、紹介した側とされた側に特典があるタイプのものが多く存在します。このため、LINEを通じてアプリに招待し合うユーザーがたくさんいるのです。これを疎遠になった女性にやってみるわけです。招待用の文章で送ることができるので、メッセージを考える必要もありません。このため、突然LINEを送ることに比べると、敷居が低く、アプリに招待することを目的にすれば、抵抗なくメッセージが送れるのです。

2. わざと間違いメールを送る

「基本だけど、間違いメールを送ってみたら?で、相手のつっこみに反応して会話する」(10代男性)など、
わざと間違いメールを送るのがおススメという意見が多くありました。疎遠になった女性にメールを送るとなると、どんな文章を送ろうか悩みますよね。しかし、わざと間違いメールを送ることで、文章を考えなくても済むのです。「昨日はごちそうさま」などと適当に送れば、当然相手は意味不明でつっこんできます。それに対して間違いを詫び、そこから会話をスタートさせればいいのです。相手が無視したらどうにもならないですが、まともにいきなりメールを送ることに比べると、格段にやりやすい方法です。

3. 見かけたとLINEする

「俺が実際にやったことを言うと、“あの店で見かけた”とか言って、適当にLINEを送りました」(30代男性)など、
見かけたとLINEするのがおススメという意見が多くありました。ここでは“見かけた”と限定していますが、実際には他の文章でも構いません。要するに、疎遠になった女性にLINEをするための理由を作り上げればいいのです。とは言え、数年間会ってもいない相手にいきなり質問するのは不自然ですし、その点を考えると、回答した男性のように“見かけた”をネタにするのが無難かもしれません。ウソの理由で会話のきっかけを作り、後は普通に会話していけばいいのです。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

減点

女性にとって減点対象となる男性のクセ7つ

人間誰しも例外なくクセがありますし、そのクセは様々です。中には見るに堪えないクセもあり、女性からす…… 恋KING 編集
女友達のオッパイを見れちゃう

女友達のオッパイを見れちゃう5つの方法

男性にとってはいくらただの友達とは言え、相手が女性である以上、女友達に対して何らかのエッチな妄想を…… 恋KING 編集
彼氏と別れたがっている女性

彼氏と別れたがっている女性の言動6つ

彼氏と付き合ってはいるものの、内心別れようと女性が考えている場合があります。まだ彼氏にそれを伝えて…… 恋KING 編集
勝算あり!30代の女性が若い女性に勝る魅力6つ

勝算あり!30代の女性が若い女性に勝る魅力6つ

30代の女性から見れば、10代や20代の若い女性を羨ましく感じることがありますよね。ちなみに、そん…… 恋KING 編集
ナンパで付いてくる女性の特徴

男なら知っておくべき!ナンパで付いてくる女性の特徴6つ

ナンパは出会いの手段としてはお手軽ですが、それを実践する男性が少ないのは、何と言っても成功率の低さ…… 恋KING 編集

HOME > 男なら知っておくべき!ナンパで付いてくる女性の特徴6つ