HOME > 不倫するなら絶対に守らなければならない6つの掟
2018.07.30

不倫するなら絶対に守らなければならない6つの掟

不倫するなら絶対に守らなければならない6つの掟

「不倫をしてはいけません」…そんな分かりきったことをお伝えする意味もないため、ここでは敢えて不倫を応援する立場になったお話をしていきます。
そこで今回は女性読者アンケートを元に、 「不倫するなら絶対に守らなければならない6つの掟」を紹介します。
「既婚男性と不倫する女性」…このシチュエーションを前提に、女性が不倫相手の男性と上手に付き合っていくために守るべきことをお伝えしていきます。

目次 1. 自分からは電話しない
2. 会いたいとわがままを言わない
3. ドタキャンされても怒らない
4. いつでも別れる覚悟をしておく
5. 不倫相手のことをSNSで話題にしない
6. 過激なセックスをする

1. 自分からは電話しない

自分からは電話しない 「不倫相手には自分から電話しちゃダメ。掛かってくるのをじっと待たなきゃ」(20代女性)など、 自分からは電話しないという意見が多くありました。
自分から電話するとタイミングによっては不倫相手の男性が困ってしまいますし、困るどころかそれがきっかけで不倫がバレてしまうことすらあります
このため例え用件の電話だとしても自分から電話してはいけません。
酷く不自由な気がしますが、それが普通の恋と違うところでもあるのです。
また電話に限らずLINEも自分から送るのはおすすめできません。

2. 会いたいとわがままを言わない

会いたいとわがままを言わない 「会いたいってわがままを言うと、不倫相手に捨てられちゃいますよ」(30代女性)など、 会いたいとわがままを言わないという意見が多くありました。
会いたいと言われても不倫相手の男性のスケジュール上、それができないことがあります。
あくまで家庭優先でしょうから、例え長期休暇があったとしても1日も会えないこともあるでしょう
だからと言ってわがままを言うと不倫相手の男性にとって女性が面倒な存在に思えてくるので最終的に嫌われてしまいます。
そうなると捨てられるのは時間の問題…不倫するならわがままは厳禁というわけです。

3. ドタキャンされても怒らない

ドタキャンされても怒らない 「結局相手は家庭優先なので、ドタキャンされることは何度もあると思います」(20代女性)など、 ドタキャンされても怒らないという意見が多くありました。
不倫の恋はデートのドタキャンは日常茶飯事です。
と言うのも不倫相手の男性は家庭を優先しますし、バレない時しか会えないですからね。
例えデートの約束をしていても子供の体調が悪ければデートは中止ですし、不意に不倫相手の男性の奥さんが買い物に誘えばそれに応じなければなりません。
こうしたドタキャンは本来腹が立ちますが、不倫の場合はここで腹を立ててしまうと長続きしないのです。

4. いつでも別れる覚悟をしておく

いつでも別れる覚悟をしておく 「不倫の恋は報われないので、別れる覚悟をして付き合うべきでは」(10代女性)など、 いつでも別れる覚悟をしておくという意見が多くありました。
最初に忠告しておくと不倫の恋で結ばれる男女はほぼいないため、いつかは別れることになります。
つまり、別れる覚悟をした上で付き合わなければならないのです。
結婚を迫ればトラブルに発展するケースもありますし、不倫相手の男性が別れたくなったら素直にそれに応じる…その覚悟ができなければ不倫の恋をする資格はないのです。

5. 不倫相手のことをSNSで話題にしない

不倫相手のことをSNSで話題にしない 「前に友達が不倫していた時、フェイスブックがきっかけでバレて修羅場になった」(30代女性)など、 不倫相手のことをSNSで話題にしないという意見が多くありました。
ツイッター、フェイスブック、インスタ、最近はこれらのSNSを利用する人が多いですし、SNSで恋人とのデートを載せたくなる気持ちは分かります。
しかし不倫の場合はそもそも会っていることすら発覚してもいけないわけですから、SNSでの話題にするのは厳禁です。
堂々と付き合えない以上、従来のカップルのようにデートや旅行を話題にすることもできません。
不倫の恋で大切なのは思い出を残すことではなくバレないこと…誰にも知られずひっそりと付き合わなければならないのです。

6. 過激なセックスをする

過激なセックスをする 「相手の奥さん以上に過激なセックスをするのが鉄則でしょ」(20代女性)など、 過激なセックスをするという意見が多くありました。
男性の本音を晒すと、不倫するきっかけはセックスです。妻とのセックスに不満があり、それを満たすために他の女性を求めるわけです。
つまり不倫相手の男性をセックスで満足させられない女性は、不倫する男性にとって魅力を感じないわけです。
ではどうすればいいか?…それは過激なセックスをして不倫相手の男性を虜にしてしまうことです。
不倫の恋を続けるには何よりもセックスで男性を満たす…女性として不服かもしれませんがそれが嫌なら不倫はおすすめできません。

いかがでしたか?
どれも女性から見ると窮屈で納得できないルールばかりですよね。
しかし不倫の恋をするからにはこれらのルールは守らなければなりません。
何しろ不倫は許されない恋ですから、それを破っている以上は本来の恋愛にはないルールがいくつもあるのです。
また、それでも最終的に不倫がバレてしまうこともあるため、最大のルールは「バレた時には自分で責任をとる」…その覚悟がなければ不倫は止めましょう。

Pocket

この記事を書いたライター 恋KING 編集
この記事に関するキーワード

Related

サヨナラの予感!彼女がさりげなく出す別れたいサイン6つ

サヨナラの予感!彼女がさりげなく出す別れたいサイン6つ

女性は彼氏との別れを考えた時、それをすぐに彼氏に告げることはしません。 第一段階として別れたい…… 恋KING 編集
女友達にプレゼント!勘違いされないために必要なこと6つ

女友達にプレゼント!勘違いされないために必要なこと6つ

仲のいい女友達にプレゼントを贈る、そんな時に男性が注意すべきことは女友達による勘違いです。 「…… 恋KING 編集
喫煙女性はピンチ!男がタバコを吸う女を嫌がる理由6つ

喫煙女性はピンチ!男がタバコを吸う女を嫌がる理由6つ

タバコを吸う女は許せない、そんなこだわりを持っている男は大勢います。 つまり、タバコを吸う女は…… 恋KING 編集
shutterstock_260840768

ああ、快適!一緒にいて落ち着く彼氏の特徴6つ

一緒にいて楽しい彼氏、そんな表現はよく聞きますが、一緒にいて落ち着くというタイプの彼氏もいます。…… 恋KING 編集
あの子は昔、ワルだった?!元ヤン女を見極める6つのコツ

あの子は昔、ワルだった?!元ヤン女を見極める6つのコツ

終わったこととは言え、女性の過去に拘る男性っていますよね。 例えば、あなたが好きになって女性が…… 恋KING 編集

HOME > あの子は昔、ワルだった?!元ヤン女を見極める6つのコツ