あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  リベンジポルノの被害に遭わないための心掛け6つ

リベンジポルノの被害に遭わないための心掛け6つ

リベンジポルノの被害に遭わないための心掛け6つ

カップルの事件で社会問題になっているのが、リベンジポルノです。最も、これは女性にも責任があるものの、恋人の前だからこそ見せる女性の淫らな姿を晒すのは、男性として最低の行為です。
そこで今回は女性読者アンケートを元に「リベンジポルノの被害に遭わないための心掛け6つ」を紹介します。
女性も真剣にこの問題に対策をとることで、被害を防ぐことができます。

1. 裸の写メを送らない 「エロ写メの要求は断らなきゃだめ。相手のスマホに画像が送られたらどうしようもない」(20代女性)など、
裸の写メを送らないのが大切という意見が多くありました。男性がリベンジポルノを実行するには、それができるだけの材料が必要となります。
そして、男性に裸の写メを送る行為は、そんな材料を与えてしまうことになるのです。つまり、一度でも男性に裸の写メを送った時点で、女性はリベンジポルノの被害に遭う可能性が誕生するわけです。
ノリや雰囲気のせいもあるでしょうが、こうした写メのやりとりは行ってはいけません。

2. 彼氏の言いなりにならない 「彼氏の言うことをハイハイ聞いちゃう女が、こういう被害に遭うんだと思う」(30代女性)など、
彼氏の言いなりにならないのが大切という意見が多くありました。彼氏のことが大好きだと、どうしても彼氏が言うことを叶えてあげたくなりますよね。リベンジポルノは、そんな女性の純粋な気持ちすら利用されているのです。
ここで大切なのは、嫌なことは嫌だと言う態度をとることです。仮にそれで彼氏を不快にさせても、自分の言いなりにならないからと言って彼女を捨てる男性とは、付き合う価値がありません。

3. エッチの撮影は厳禁 「エッチしているところの撮影とか、絶対やっちゃダメでしょ」(20代女性)など、
エッチの撮影は厳禁にするのが大切という意見が多くありました。エッチは愛情を深める行為ですが、娯楽の意味も含んでいます。特に、長く付き合っているカップルの場合は、刺激を楽しむ意味のエッチを展開することもあるでしょう。
そんな状況でありがちなのが、エッチの撮影です。ハメ撮りなどというジャンルのAVも存在しますし、エッチの撮影は素人でも行われる行為なのです。
そして、それを行ってしまうことで、リベンジポルノになり得る材料を男性に与えてしまうことになるのです。

4. お互い納得して別れる 「変な別れ方をすると、リベンジポルノとかあり得そう。ちゃんと別れればいいと思う」(20代女性)など、
お互い納得して別れるのが大切という意見が多くありました。
リベンジポルノは、女性と別れた男性が、その女性への復讐の意味で行う行為です。つまり、女性への復讐心を芽生えさせない別れ方をすれば、リベンジポルノが発生するリスクが減少することになるわけです。
そのためには、別れる時にはお互い納得した上で別れることが大切です。少なくとも、女性の一方的な都合で男性の言い分を聞かずに別れてしまっては、男性が怒るのも無理ありません。
例え短期間の付き合いだとしても、別れる時にはお互い納得して別れるようにしましょう。

5. 彼女の部屋でエッチする 「エッチしているところを撮られていた女の人を知っています」(20代女性)など、
彼女の部屋でエッチするのが大切という意見が多くありました。なぜ彼女の部屋だといいのか、それは安全だからです。彼氏の部屋でエッチする場合、もしかするとカメラが仕掛けてあるかもしれないですよね。考えすぎと思うかもしれないですが、実際に安全性で言うなら、彼女自身の部屋でエッチした方が安全です。
何しろ、彼女としては自分の部屋でエッチするわけですから、そこにカメラが存在する可能性はゼロなわけです。特に、ハメ撮りや盗撮系のAVが好きで、それ系の性癖がある彼氏には、ここまで気を配る必要があるのです。

6. 根に持つタイプの男性と付き合わない 「リベンジポルノをする男って、根暗で根に持つ性格の男がするイメージがある」(30代女性)など、
根に持つタイプの男性と付き合わないのが大切という意見が多くありました。
リベンジポルノは別れた女性を辱める行為であり、既に別れた女性に対して執拗な攻撃をするところから判断すると、根に持つタイプの男性が行うことが予想できます。
このため、そもそもそういった性格の男性とは付き合わないことが、女性自身の身を守ることにもなるのです。また、リベンジポルノと同様に恐ろしいのがストーカーですが、これもまた、根に持つタイプの男性がストーカーになりやすいと言われています。

いかがでしたか?
ネット社会の今、リベンジポルノは女性の将来をも壊してしまう可能性があり、注意が必要です。大切なのは、まずリベンジポルノとなり得る材料を作らないこと、そして、復讐したいと思わせるような別れ方をしないことです。
そしてもう一つ、そういう行動をとるような性格の男性と付き合わないこと、この三つが大切です。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

婚活女子は参考に!婚活を成功させる秘訣6つ

婚活女子は参考に!婚活を成功させる秘訣6つ

恋KING 編集
男性必見!告白のセリフが思いつかない時の反則技7つ

男性必見!告白のセリフが思いつかない時の反則技7つ

恋KING 編集
女友達のオッパイを見れちゃう

女友達のオッパイを見れちゃう5つの方法

恋KING 編集
意外な弱点!合コンの出会いがもたらす6つのリスク

意外な弱点!合コンの出会いがもたらす6つのリスク

恋KING 編集
男なら狙うべし!口説きやすい女の職業7つ

男なら狙うべし!口説きやすい女の職業7つ

恋KING 編集