あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  もう戻れない・・・彼氏と別れて後悔した6つの瞬間

もう戻れない・・・彼氏と別れて後悔した6つの瞬間

もう戻れない・・・彼氏と別れて後悔した6つの瞬間

彼氏と別れたものの、後に別れたことを後悔してしまうことってありますよね。しかし、時間を戻すことはできないですし、後悔しても手遅れです。だからこそ、軽率に別れてしまってはいけないのです。
そこで今回は女性読者アンケートを元に、「もう戻れない・・・彼氏と別れて後悔した6つの瞬間」を紹介します。
こうした後悔をしないためにも、別れを決断する時は付き合う時以上に真剣に考える必要があるのです。

1. 自分に非があったと気づいた 「私の方が悪かったなって思ったら、何だか急に後悔するようになった」(30代女性)など、
自分に非があったと気づいた時に、後悔したという意見が多くありました。特にケンカ別れをした場合、その時点ではエキサイトしてしまうものの、冷静になった時にこうやって思ってしまうことがあります。
また、素直に謝れない性格の女性は、こうした理由で後に後悔することがあるのです。しかし、例えもう戻れないとしても、本当に自身が悪かったと気づいた時には、その時点で謝っておいた方がいいですね。
次の恋愛へ活かすことができるでしょうし、もしかすると、復縁できる可能性もゼロではないからです。

2. 季節のイベントの日に独りだった 「クリスマスとかに独りぼっちだと、別れなければよかったと後悔する」(20代女性)など、
季節のイベントに独りだった時に、後悔したという意見が多くありました。彼氏と別れてしまうことで、女性は独りになります。最も、友人や仕事もあるでしょうし、普段の生活の中で独りを実感することはそれほどありません。
しかし、季節のイベントになると話は別です。カップルが盛り上がる上、周囲の友人もその時だけは恋人を優先するでしょう。このため、こうした季節のイベントにおいては、いくら友人が多い女性でも孤独を実感してしまうのです。
そして、そんな時に別れたことを後悔してしまうのです。

3. 友達カップルがケンカして仲直りした 「自分達は別れたけど、仲直りするカップルが近くにいるとちょっと後悔しちゃう」(10代女性)など、
友達カップルがケンカして仲直りした時に、後悔したという意見が多くありました。自分達がケンカ別れをした時、たまたま友達カップルも同じような状態になっていれば、結末も自分達と同じ別れる結末を予想します。
しかし、友達カップルが仲直りし、それで元どおり幸せそうにしていると、少し嫉妬してしまいますよね。その嫉妬の中には、自分達は別れてしまったという後悔も含まれているのです。
仲直りしていれば、友達カップルのように幸せな関係に戻れたのかもしれない、そう思ってしまうのでしょう。

4. 彼氏のことをまだ愛している 「別れたからと言ってすぐ気持ちが冷めるわけじゃない。まだ愛している時には後悔する」(20代女性)など、
彼氏のことをまだ愛している時に、後悔したという意見が多くありました。
これもケンカ別れの時にありがちな後悔のパターンです。腹が立つのは事実でも、それが愛情を失うきっかけにはならないということです。
ムカつくあまり勢いで別れた後、まだ彼氏のことが好きだと実感した時には、当然別れたことを後悔してしまうのです。とは言え、今更「まだ好きです」とは言えないですし、後悔してももう遅いのです。

5. 別れた彼氏に新しい彼女ができた 「元彼に新しい彼女ができると、何となく別れたことを後悔しちゃう。なんでだろ」(10代女性)など、
別れた彼氏に新しい彼女ができた時に、後悔したという意見が多くありました。ありがちな後悔のパターンですが、よく考えると意味不明ですよね。
別れた以上、その彼氏がどうなろうと興味ないはずですし、なぜ新しい彼女ができた時に後悔してしまうのでしょうか。その理由は主に二つです。一つは、実はまだ別れた彼氏のことが好きだったという場合です。
もう一つは、自身に新しい彼氏ができていない場合、彼女ができて自分よりも幸せな状況にある元彼への嫉妬です。自分だけが取り残された気分になり、“こんなみじめな思いをするくらいなら、別れなければよかった”と考えてしまうわけです。

6. ケンカした時の怒りが冷めた 「ケンカして別れたけど、怒りが冷めた時に別れちゃったことを後悔します」(30代女性)など、
ケンカした時の怒りが冷めた時に、後悔したという意見が多くありました。
別れを後悔するパターンとしては、これが最も多いのではないでしょうか。ケンカして腹が立っていると、つい勢いでとんでもないことを言ってしまうことがあり、その究極が「別れる!」という一言です。
このように、軽い感覚でこの言葉を使ってしまうと、後に後悔してしまうので要注意です。怒りが冷めて冷静なった時に後悔しても、関係が終わってしまった以上、もう取り戻すことはできないのです。

いかがでしたか?
その時は別れることを望んでいても、こうした機会が訪れると別れたことを後悔してしまいます。
このため、別れるという言葉を軽率に使ってしまうのは厳禁です。そもそも、軽率に別れて後悔してしまうのはあなたの方ですし、いくら後悔してももう遅いのです。
ちなみに、“悪いと思った時は素直に謝る”、“一歩引く余裕を見せる”、これらを意識することで、こうした軽率な別れを招く可能性は格段に減りますし、同時に、別れを後悔するケースも格段に少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

社内恋愛

女性向け!バレずに社内恋愛をこなす為の7つのコツ

恋KING 編集
自分の気持ちを確かめる

恋愛感情があるかないか?自分の気持ちを確かめる方法7つ

恋KING 編集
部屋

彼女から見た彼氏の部屋にあると嫌なもの6つ

恋KING 編集
別れる

彼氏と短期間で別れないための6つのコツ

恋KING 編集
飽きない

彼氏から飽きられない女になる為の6つの秘訣

恋KING 編集