あなたの恋を成功に導くメディア

HOME  >  愛するよりも愛される方がいい女性が語る6つの理由

愛するよりも愛される方がいい女性が語る6つの理由

愛するよりも愛される方がいい女性が語る6つの理由

彼氏と付き合った時のあなたは、愛する側ですか?愛される側ですか?どの女性もこのどちらかになるわけですが、ここでは愛される側を選ぶ女性にスポットを当ててみます。
そこで今回は女性読者アンケートを元に、
「愛するよりも愛される方がいい女性が語る6つの理由」を紹介します。
なぜ愛される方がいいのか、実際に愛される側を選ぶ女性の本音を明かします。

1. 別れた時のダメージが少ない 「いつか別れるかもしれないし、愛される方なら、その時にあまり傷つかない」(10代女性)など、
別れた時のダメージが少ないのがいいという意見が多くありました。特に若いカップルには多いことですが、付き合いが続かない可能性を視野に入れての考え方です。
彼氏のことが好きであるほど、別れた時のショックは大きいですし、女性によってはそれが理由で恋愛が怖くなることもあります。しかし、愛される方になっておけば、そこまで彼氏にどっぷりとハマッていない分、別れをすんなり受け入れることができるのです。
つまり、別れた時に傷つかないために、愛される方を選んでいるということです。

2. 誇らしい 「愛される方が人に自慢しやすいし、見栄えの意味でそっちの方がいい」(20代女性)など、
誇らしいのがいいという意見が多くありました。女性の中には、彼氏のことを周囲に自慢したがるタイプの女性がいます。そういった女性は、彼氏の外見やステータスはもちろん、彼氏が自分のことを愛しているということも自慢にしたいようです。
つまり、彼氏に愛されること自体がステータスであり、周囲に誇るためにこの関係を選んでいるわけです。

3. プレゼントがたくさん貰える 「愛される方が、プレゼントをたくさん貰えそうな気がする」(10代女性)など、
プレゼントがたくさん貰えるのがいいという意見が多くありました。
当然のことですが、彼氏が彼女に何かをプレゼントするとして、彼女への愛情が強いほど豪華なプレゼントになりやすいですよね。女性はこれを狙っているわけです。
最も、この意見に関しては、男性は批判したくなるでしょうが、女性も無理にねだるわけではないですし、愛する方か愛される方かの選択肢だけで選んでいるので、文句を言うことはできません。

4. 浮気されるリスクが減る 「浮気されるのが一番嫌なんですけど、愛される方が浮気されにくいと思う」(20代女性)など、
浮気されるリスクが減るのがいいという意見が多くありました。男性は浮気することがありますが、そんな男性は彼女のことを大切にしていないから浮気するのです。彼女のことを好きであればあるほど、彼女を悲しませたくないと思うでしょうし、当然、浮気をしようなどと考えなくなります。つまり、この意見は正論です。
逆に、愛する方になってしまうと、彼氏の愛情はそこまで強くないため、浮気されるリスクが高くなってしまうのです。

5. 主導権を握れる 「引っ張るってほどじゃないけど、愛される側になれば付き合いの主導権を握れる」(10代女性)など、
主導権を握れるのがいいという意見が多くありました。デートの約束や行き先、二人のルールなど、こうした何かを決める際、二人で決めつつも、どちらかが中心になって決めることが多いですよね。
この場合、決める側が主導権を握っているわけです。そして、愛される方になることで主導権を握ることができるのです。特に、こうした主導権は男性が握っていることが多いですし、さらに彼女が年下なら尚更です。
しかし、愛される方になれば、例え女性で年下でも、付き合いの主導権を握れるようになるのです。基本的に自分で全て決めたい、そう思っている女性にとっては魅力的な事実です。

6. 大切にしてもらえる 「愛される方が大事にしてもらえる。それが愛される方がいい理由です」(10代女性)など、
大切にしてもらえるのがいいという意見が多くありました。恋愛では傷つく場面が訪れることがあります。それが恋愛の特徴でもあるのですが、どうしても傷つくのが嫌だというなら、愛される方を選べばいいのです。
と言うのも、彼氏が彼女を強く愛していれば、当然、彼女が傷つくような行動はとらないからです。様々な場面で気づかってくれたり、彼女を最優先してくれたりと、愛されているからこそ得られる特典は確かに魅力的ですよね。
特に、前回の恋愛でひどくフラれて傷ついたのであれば、恋愛を怖がるのではなく、こうした立場を利用して、愛される方として付き合っていくのも一つの方法なのです。

いかがでしたか?
今回は愛される側の利点を挙げてみましたが、だからと言って愛する側がダメというわけではありません。愛する側には愛する側だけが得られる利点もあるからです。また、付き合いが長く続かない女性は、付き合い方を少し変えるだけで長続きすることもあります。
このため、今まで愛する側として付き合ってきたことが多かったという女性は、一度愛される側として付き合ってみてはいかがでしょうか。意外とそれにハマり、付き合いが長続きする可能性も充分ありますよ。

この記事を書いた人

恋KING 編集

この記事に関連する記事

これもダメ?!彼女が嫉妬する彼氏のささいな行動6パターン

これもダメ?!彼女が嫉妬する彼氏のささいな行動6パターン

恋KING 編集
彼氏にするのは絶対無理

彼氏にするのは絶対無理!理解できない男の趣味6つ

恋KING 編集
絶対イヤ!一緒にカラオケに行きたくない男のタイプ6つ

絶対イヤ!一緒にカラオケに行きたくない男のタイプ6つ

恋KING 編集
彼氏としてはNG

友達としてはいいけど彼氏としてはNGな男性の特徴7つ

恋KING 編集
ドン引き確実!女性ウケの悪い会話のネタ6つ

ドン引き確実!女性ウケの悪い会話のネタ6つ

恋KING 編集